歴代天皇23顕宗天皇

歴代天皇23顕宗天皇

記・紀系譜による第23代天皇。在位は5世紀末ごろ。
父は市辺押磐(いちのべのおしはの)皇子。母は荑媛(はえひめ)。「日本書紀」によると,履中天皇の孫で,父を雄略天皇に殺され,兄億計(おけ)王とともに播磨(はりま)にのがれていたが,清寧天皇にむかえられ,兄にさきんじて即位した。顕宗天皇3年4月25日死去。38歳(「古事記」)。墓所は傍丘磐坏丘南陵(かたおかのいわつきのおかのみなみのみささぎ)(奈良県香芝市)。別名は弘計天皇(おけのすめらみこと)。

生没年不詳。記紀では第23代の天皇。『古事記』は崩年齢を38歳とするが、『一代要記』などは48歳とし、治世年数も『古事記』は8年とするが、『日本書紀』は3年と異なる。履中(りちゅう)天皇の孫とし、市辺忍歯(押磐)(いちべのおしは)皇子の子と伝える。袁祁(弘計)(おけ)皇子、来目稚子(くめのわくご)ともいい、袁祁石巣別命(おけいわすわけのみこと)、弘計天皇、袁奚(おけ)天皇とも書く。宮居は近飛鳥(ちかつあすか)宮で、その所在については河内(かわち)説と大和(やまと)説があるが、河内飛鳥とする説が有力である。父が雄略(ゆうりゃく)天皇に殺されたので、兄の意祁(億計)(おけ)皇子とともに丹波(たんば)に逃れ、さらに播磨(はりま)に身を隠したが、みいだされて皇位に迎えられたという。陵は片岡(傍丘)の石坏(盤杯)(いわつき)の岡の上にありと伝える。奈良県香芝(かしば)市北今市の地とする。

 

皇統一覧(歴代天皇)に戻る

 

 

天皇カテゴリの最新記事