歴代天皇 39代弘文天皇

歴代天皇 39代弘文天皇

弘文天皇(こうぶんてんのう、648年(大化4年) – 672年8月21日(天武天皇元年7月23日))
第39代天皇(在位:672年1月9日(天智天皇10年12月5日) – 672年8月21日(天武天皇元年7月23日))

諱は大友(おおとも)または伊賀(いが)。1870年(明治3年)に諡号を贈られ、天皇として認められたが、即位したかどうか定かではなく、大友皇子と表記されることも多い。

 

天智天皇10年(671年)12月、天智天皇が崩御すると、翌天武天皇元年(672年)、大海人皇子(天智天皇の弟、後の天武天皇)との間に壬申の乱が起こり、大友皇子は戦いに敗れて自害。天平勝宝3年(751年)に編纂された『懐風藻』には、天智天皇9年(670年)に皇太子に立つと記されている。

「天皇に即位した」という記載は当時の『日本書紀』に記載されておらず、『水鏡』や『扶桑略記』には「天智天皇崩御の二日後には皇位を継いだ」とされている。水戸黄門こと徳川光圀が編纂させた『大日本史』もほぼ同様の見方をしている。「天皇即位」を立証しようとした伴信友は『長良の山嵐』において元来『日本書紀』にも同天皇紀はあったが、編纂にあたった舎人親王は父・天武天皇による皇位簒奪の印象を拭い去ろうと「大友皇子即位」の記事を省いたのではないかとされ、天智天皇崩御後、皇子が近江朝廷において実権を握り、事実上皇位にあったとする建機が有力視されている。そして明治3年(1870年)、「弘文天皇」の諡号(しごう)が与えられ、「第39代天皇」として歴代の天皇の1人に加えられた。

 

壬申の乱

60年代後半、都を近江宮へ移していた天智天皇は同母弟の大海人皇子を皇太子(『日本書紀』には「皇太弟」とある。また、大海人皇子の立太子そのものを『日本書紀』の創作とする説もある)に立てていたが、天智天皇10年10月17日(671年11月23日)、自身の皇子である大友皇子を太政大臣につけて後継とする意思を見せはじめた。その後、天智天皇は病に臥せる。

大海人皇子は大友皇子を皇太子として推挙し、自ら出家を申し出、吉野宮(奈良県吉野)に下った。天智天皇は大海人皇子の申し出を受け入れた。

12月3日(672年1月7日)、近江宮の近隣山科において天智天皇が46歳で崩御した。

大友皇子が跡を継ぐが、年齢はまだ24歳に過ぎなかった。大海人皇子は天武天皇元年6月24日(7月24日)に吉野を出立した。まず、名張に入り駅家を焼いたが、名張郡司は出兵を拒否した。大海人皇子は美濃、伊勢、伊賀、熊野やその他の豪族の信を得ることに成功した。続いて伊賀に入り、ここでは阿拝郡司(現在の伊賀市北部)が兵約500で参戦した。

そして積殖(つみえ、現在の伊賀市柘植)で長男の高市皇子の軍と合流した(鈴鹿関で合流したとする説もある)。さらに伊勢国でも郡司の協力で兵を得ることに成功し、美濃へ向かった。美濃では大海人皇子の指示を受けて多品治が既に兵を興しており、不破の道を封鎖した。これにより皇子は東海道、東山道の諸国から兵を動員することができるようになった。

美濃に入り、東国からの兵力を集めた大海人皇子は7月2日(7月31日)に軍勢を二手にわけて大和と近江の二方面に送り出した。

近江朝廷の大友皇子側は東国と吉備、筑紫(九州)に兵力動員を命じる使者を派遣したが、東国の使者は大海人皇子側の部隊に阻まれ、吉備と筑紫では現地の総領を動かすことができなかった。特に筑紫では、筑紫率の栗隈王が外国に備えることを理由に出兵を断ったのだが、大友皇子はあらかじめ使者の佐伯男に、断られた時は栗隈王を暗殺するよう命じていた。が、栗隈王の子の美努王、武家王が帯剣して傍にいたため、暗殺できなかった。それでも近江朝廷は、近い諸国から兵力を集めることができた。

大和では大海人皇子が去ったあと、近江朝が倭京(飛鳥の古い都)に兵を集めていたが、大伴吹負が挙兵してその部隊の指揮権を奪取した。吹負はこのあと西と北から来襲する近江朝の軍と激戦を繰り広げた。この方面では近江朝の方が優勢で、吹負の軍はたびたび敗走したが、吹負は繰り返し軍を再結集して敵を撃退した。やがて紀阿閉麻呂が指揮する美濃からの援軍が到着して、吹負の窮境を救った。

近江朝の軍は美濃にも向かったが、指導部の足並みの乱れから前進が滞った。村国男依らに率いられて直進した大海人皇子側の部隊は、7月7日(8月8日)に息長の横河で戦端を開き、以後連戦連勝して進撃を続けた。7月22日(8月20日)に瀬田橋の戦い(滋賀県大津市唐橋町)で近江朝廷軍が大敗すると、翌7月23日(8月21日)に大友皇子が首を吊って自決し、乱は収束した。翌天武天皇2年(673年)2月、大海人皇子は飛鳥浄御原宮を造って即位した。

近江朝廷が滅び、再び都は飛鳥(奈良県高市郡明日香村)に移されることになった。

また論功行賞と秩序回復のため、新たな制度の構築、すなわち服制の改定、八色の姓の制定、冠位制度の改定などが行われた。天武天皇は天智天皇よりもさらに中央集権制を進めていったのである。

 

 

 

皇統一覧(歴代天皇)に戻る

天皇カテゴリの最新記事