歴代天皇54仁明天皇

歴代天皇54仁明天皇

嵯峨天皇の第二皇子。823年叔父にあたる淳和天皇の皇太子となり、833年淳和天皇の譲位を受け即位した。

皇太子には淳和天皇の子の恒貞親王たてたが、842年の嵯峨上皇の没後、春宮坊帯刀伴健岑・但馬権守橘逸勢が皇太子の恒貞親王を擁し謀反を企て東国で挙兵するとの密書が暴露され、伴健岑・橘逸勢は配流。

皇太子の恒貞親王は廃太子となった(承和の変)。
後に皇太子には仁明天皇と大納言藤原良房の妹藤原順子との間の子道康親王(後の文徳天皇)を後継に立てた。

 

皇統一覧(歴代天皇)に戻る

日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」

天皇カテゴリの最新記事