歴代天皇 32代崇峻天皇

歴代天皇 32代崇峻天皇

即位5年後の592年に臣下によって暗殺されてしまいます。日本の歴史において臣下によって暗殺された天皇は記録上、崇峻天皇のみです。このような一大事件が起こったのが崇峻天皇の時代でした。

崇峻天皇(泊瀬部天皇:はつせべのすめらみこと)は元々、蘇我と物部の勢力争いに乗じて即位した天皇です。

用明天皇(聖徳太子の父)が亡くなったあと、誰を次の天皇にするか、もめている最中に、最有力候補であり物部が推していた穴穂部皇子が蘇我の兵に殺害されてしまいます。

物部と蘇我は仏教を受け入れるかどうかについても対立していました。

古くからの伝統を持ち物部神道を擁する物部一族は当然排仏派。これに対して新興勢力で宗教的基盤のない蘇我は仏教を導入して、それを自分たちに都合のよい宗教勢力に育てようとしていました。そしてここにきて天皇後継者を巡る争い。

そこでこの穴穂部皇子殺害事件をきっかけに両者は武力衝突に至ります。このとき、敏達天皇妃の額田部皇女(後の推古天皇)・聖徳太子・泊瀬部皇子らが蘇我側に参加しました。

はじめ元々「もののふ」を支配する故に物部の名を持つ、軍事的経験の深い物部が優勢でしたが、やがて当時14歳の聖徳太子が急いで四天王の白木の像を彫り、それを掲げて先頭に立って進軍すると、蘇我側の志気は上がり、やがて物部の大将である物部守屋が、蘇我側の遠距離からの弓矢攻撃により射殺されますと、物部は総崩れになって、蘇我の圧勝に終わりました。

 

物部氏が滅びた朝廷においてもはや絶大な影響力を持つ有力豪族は蘇我氏のみ。そんな朝廷の中で、蘇我馬子は絶大なる影響力を誇るようになります。その影響力たるや、もはや天皇が傀儡と思えてしまうほどでした。

崇峻天皇は天皇即位はしたものの、実質的に朝廷を支配していたのは蘇我馬子であり、自由に政治を行えない崇峻天皇は強いフラストレーションを抱いていました。さらに、蘇我馬子の擁立のおかげで天皇即位ができた経過もあるため、蘇我馬子に反抗することすらできずにいたことが崇峻天皇の心を苦しめました。

92年のある日、崇峻天皇のもとへイノシシを献上する者がありました。すると崇峻天皇はこんな風にぼやきました「あぁ、ムカつくやつの首もこのイノシシの首のようにきってしまいたい!」。

 

この情報は蘇我馬子も知るところとなります。蘇我馬子は、崇峻天皇のこの発言を自分に対しての発言だと考えました。蘇我馬子も、崇峻天皇が日頃から自分のことを嫌っていることをわかっていたのでしょう。この発言に加え、崇峻天皇が近辺で兵を集めているなどという噂もあり、蘇我馬子は崇峻天皇に対して強い警戒心を抱くようになります。こうして、両者の緊張感が高まった中で蘇我馬子によって考えられたのが崇峻天皇暗殺計画でした。自らに危険が及ぶ前に、先に崇峻天皇を亡き者にしようと考えたのです。

そして同じく592年11月、崇峻天皇を実行した東漢直駒が蘇我馬子の娘と密通していたことを理由に蘇我馬子によって処刑されます。

 

ですが、おそらくこの処刑は蘇我馬子による口封じであったのだろうと思います。処刑理由や時期を鑑みるに、蘇我馬子の思惑を感じずにはいられません。

当時の日本は土葬が一般的で、天皇が崩御すると葬式儀礼の殯(もがり)という行為を行った上で、遺体を埋めるのが通例でした。

 

ところが、崇峻天皇に限っては殯が行われませんでした。これは、当時の歴代天皇ではありえなかったかなり特異な崇峻天皇の特徴です。殯がないので、崇峻天皇の遺体はすぐに土葬されました。もはや崇峻天皇の扱いは、天皇としての扱いではなくなっています。

殯は朝廷によって行われるものであり、殯をしないということは朝廷としても崇峻天皇は殯をするに値しないと見なしていたということになります。

崇峻天皇の皇子の蜂子皇子(はちすのみこ)は聖徳太子に助けられて都を脱出し、東北まで逃れて、出羽三山(月山・羽黒山・湯殿山)を開いたといわれています。

 

さらに、崇峻天皇死後の朝廷は、一大事件の後とは思えないほどに冷静を保ったままでした。特に不穏な動きなども見られず、朝廷では淡々と政務が行われていきます。日本書紀や古事記は、700年頃に天皇主導で作られた歴史書ですが、天皇に迫る権力を持っていた蘇我氏のことは良くは描かれていません。天皇の立場に立てば、蘇我氏は天皇権力を脅かす危険人物だったからです。

崇峻天皇亡き後、朝廷内では次期天皇をどうすべきか・・・という問題に苦慮することになります。特に蘇我馬子はこの問題に頭を抱えることになります。

 

複雑な勢力図や人間関係の中で、どのようにして平和裡に蘇我馬子が有利となる天皇即位を実現できるのか・・・。そんな苦悩の結果、即位したのが日本初の女帝と言われる推古天皇です。

業界最安級!月額1,380円~ギガ放題が利用できるカシモWiMAX

皇統一覧(歴代天皇)に戻る

天皇カテゴリの最新記事