歴代天皇33代推古天皇

歴代天皇33代推古天皇

第33代とされる天皇(在位592~628)。
名は額田部(ぬかたべ)。和風諡号(しごう)は豊御食炊屋姫(とよみけかしきやひめ)天皇。わが国で最初の女帝。

欽明(きんめい)天皇の第3皇女。母は蘇我堅塩姫(そがのきたしひめ)。18歳で敏達(びだつ)天皇の妃となり、皇后広姫が死んだあと、皇后になった。

敏達天皇のあと推古の同母兄の用明(ようめい)天皇がたったが、治政は2年で終わり、ついでたった崇峻(すしゅん)天皇は大臣蘇我馬子(うまこ)の命を受けた東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)に殺された。このあと諸臣に推されて、豊浦宮(とゆらのみや)で即位したという。ときに39歳であった。

以後、推古女帝は、厩戸(うまやど)皇子(聖徳太子)を摂政(せっしょう)として、治政は36年間に及んだという。大臣は蘇我馬子、その死後は蘇我毛人(えみし)(蝦夷)であった。

しかし、こうした通説に対して、当時の天皇(大王)は厩戸皇子で、推古女帝は厩戸皇子の没後の622~623年ごろに即位したのではないかとの説もある。その論拠は、日本からの遣隋使(けんずいし)がその大王を男帝といったこと、当時女帝の際にはなかった伊勢斎王(いせさいおう)に622年まで酢香手姫(すかてひめ)皇女が在任したことなどである。推古女帝は死の病床で、次の天皇(大王)位をめぐって、田村(たむら)(後の舒明(じょめい)天皇)、山背(やましろ)(聖徳太子の子)両皇子に行動を自重するように遺言したといわれる。陵墓は大阪府南河内(みなみかわち)郡の磯長(しなが)山田陵。

当時、朝廷内には権力を思いのままに掌握する蘇我馬子をよく思わない人々も多くいました。推古天皇は592年12月に即位しましたが、物部氏が丁未の乱によって滅んでからまだ5年しか経過していません。反蘇我馬子勢力は健在でした。権力基盤を固めるために姪である推古天皇を即位させます。『上宮聖徳法王帝説』には、聖徳太子と蘇我馬子は、「共に天下の政(まつりごと)を輔(たす)く」と記載され、「リーダーシップを発揮する推古天皇の元で、聖徳大使と蘇我馬子が補佐を行っていた」というのが、最近の定説となっています。

 

聖徳太子 「聖徳太子は実は存在しなかった」という説が流れた時期もありましたが、その存在を否定する根拠がないことは『播磨国風土記』などの記載からも明らかです。

彼が有能な政治家であったことに疑いの余地はありませんが、この時代には、天皇の権限を代行する「摂政」は未成立で、皇位継承のための「皇太子」という地位も確立していませんでした。

 

日本書紀や古事記は、700年頃に天皇主導で作られた歴史書ですが、天皇に迫る権力を持っていた蘇我氏のことは良くは描かれていません。天皇の立場に立てば、蘇我氏は天皇権力を脅かす危険人物だったからです。

相関関係

推古天皇の⽗親は第29代欽明天皇です。 欽明天皇は、有⼒豪族の蘇我稲⽬(そがのいなめ)の娘を2⼈妃にします。推古天皇は、そのうちの⼀⼈である蘇我堅塩姫(きたしひめ)と 欽明天皇の間に⽣まれた皇⼥になります。

欽明天皇の後は、第30代天皇に夫の敏達天皇が 即位します。敏達天皇は欽明天皇の息⼦なので、推古天皇とは 異⺟兄弟でもありました。第31代⽤明天皇は推古天皇の同⺟兄にあたります。
推古天皇と同じく⺟親が堅塩姫なので、蘇我⽒を外戚に持つ 天皇です。蘇我⾺⼦(そがのうまこ)に政治の実権を握られていました。
⽤明天皇は聖徳太⼦の⽗なので、 聖徳太⼦と推古天皇は甥と叔⺟の関係になります。また、聖徳太⼦の⺟親の⽳穂部皇⼥は推古天皇の異⺟妹なので
推古天皇と聖徳太⼦は⼆重の甥と叔⺟の関係ということになります。

崇峻天皇は推古天皇の異⺟弟にあたります。

崇峻天皇の⺟親は蘇我稲⽬から欽明天皇に堅塩姫と⼀緒に嫁いだ蘇我⼩姉君(そがのおあねぎみ)ですので、蘇我⽒を外戚にもつ天皇になります。
即位後、蘇我⾺⼦に政治の実権を握られていることに不満を持ち、⾺⼦と対⽴するようになります。
592年 蘇我⾺⼦との関係が悪化し、⾺⼦の命令された暗殺者に攻め⼊られ殺害されてしまいます。
その後に即位したのが第33代推古天皇です。

推古天皇の⺟は蘇我稲⽬の娘である堅塩姫です。蘇我稲⽬は天皇に娘達を嫁がせ、皇⼦達の外祖⽗になり蘇我⽒の権⼒を拡⼤しました。推古天皇も、また天皇家と蘇我⽒の政略結婚によって⽣まれた皇⼥でした。

蘇我稲⽬は、推古天皇の外祖⽗にあたります。第28代宣化天皇の代に⼤⾂に就任すると、以降、死没するまで勤め上げました。2⼈の娘を欽明天皇に嫁がせ、・⽤明天皇・崇峻天皇・推古天皇3名の天皇の外祖⽗になります。

蘇我⾺⼦は、蘇我稲⽬の息⼦で推古天皇の叔⽗にあたります。姪と叔⽗とはいえ、年の差は3つ程で2⼈は幼馴染のように育ったのではないかと⾔われています。蘇我⾺⼦は、敏達天皇時に⼤⾂の座を稲⽬から引き継ぐと、以後50年以上政治の実権を握り続けました。稲⽬の築いた勢⼒をさらに拡⼤し、蘇我⽒を繁栄に導きます。

推古天皇は5⼈の皇⼦、皇⼥を⽣みますが、いずれも天皇に即位しませんでした。
さらに、推古天皇の死後、天皇の系統が蘇我⽒から離れたこともあって、推古天皇の直系の⼦孫が歴史に名を残すこともありませんでした。
⽵⽥皇⼦は、推古天皇と欽明天皇の皇⼦です。推古天皇は⽵⽥皇⼦が天皇に即位させることを望みましたが、推古天皇の即位前後に若くして亡くなってしまいます。現在、⽵⽥皇⼦は推古天皇と共に埋葬されています。菟道⾙蛸皇⼥は、推古天皇と欽明天皇の皇⼥です。聖徳太⼦の妃となりましたが、⼦どもをもたないまま、若くして亡くなります。

 


 

皇統一覧(歴代天皇)に戻る

天皇カテゴリの最新記事