アメリカの横暴 パナマ支配

ジョン・パーキンス著から抜粋

1972年4月に、私はパナマに出張した。パナマでは、オマール・トリホス将軍が「パナマの自治権」を主張し、『パナマ運河の返還』を求めていた。パナマ運河は、アメリカが軍事介入して造ったものだ。

1903年に、セオドア・ルーズベルト大統領は、戦艦ナッシュビルをパナマに送り込んだ。上陸した米軍はパナマを占拠し、地元で人気を得ていた市民軍の指揮官を殺害し、

「パナマは独立国である」と宣言した。(当時は、パナマはコロンビアの一部でした。アメリカは、コロンビアからパナマを軍事力で引き離したのです。)

そしてパナマに傀儡政権が樹立され、アメリカとパナマは『パナマ条約』を結んだ。この条約は、完成後の運河の両岸はアメリカが行政権を持つ地帯にすると定めアメリカの軍事介入を法的に認め、パナマの実質的な支配権をアメリカに認めた。

奇妙なことに、条約を調印したのは、アメリカのヘイ国務長官と、パナマ運河会社のフランス人技師フィリップ・ヴァリーヤであり、パナマ人は署名していない。それから半世紀以上も、パナマを独裁政治で支配するのは、アメリカ政府に強力なコネを持つ富裕な人々だった。彼らは右派の独裁主義者で、アメリカの利益のためにどんな手段も厭わなかった。彼らは、人民主義を弾圧し、CIAやNSAの反共活動を支持した。

そして、ロックフェラー家のスタンダード石油や、ユナイテッドフルーツ社(この会社は父ブッシュに買われた)などの、アメリカ大企業の活動を助けた。

パナマの独立(1903年)から1968年までの間、米軍は何度もパナマに介入した。

だが1968年に、独裁者アルヌルフォ・アリエスがクーデターで倒されて、クーデターにあまり関与していなかったオマール・トリホスが指導者として登場した。トリホスは、中流・下流階級から高い支持を得ていた。彼は、1960年代に貧しい人々からの支持を増大させた「国家警備隊」で頭角を現した人物だ。
彼は貧民街を歩き回り、そこで集会を開いたり支援をしていた。多くの人々が、彼の人間愛を評価し、西半球全域で彼を讃える声が高まった。

人口が200万人のパナマは、社会改革のモデルとされて、各国の指導者に刺激を与え始めた。私は事前の情報収集により、トリホスが「自分の信念に基づいて生きる人物」と知っていた。彼の下で、パナマは建国後に初めて、操り人形でない存在となったのだ。トリホスは、モスクワや北京の甘い誘いに決して乗らなかった。彼は共産主義を主張せず、アメリカの敵と同盟を結ばなかった。

彼はパナマ運河を重視し、「パナマを二分する運河の権利は、パナマ人のものだ」と主張した。

さらに、運河地帯に設置されていたアメリカ陸軍の『米州学校(SOA)』と呼ばれる
軍事学校や、アメリカ南方軍司令部の『熱帯地域戦の訓練センター』を、取り除こうとした。

アメリカ軍は長年にわたって、ラテンアメリカの独裁者の子息や、軍の指導者たちを、この施設で調教していた。

人々を弾圧する技を教え、アメリカ軍の高級将校たちとの絆を築かせていたのだ。

これらの施設は、暗殺部隊や拷問者たちの育成場として知られ、ラテンアメリカの人々から嫌われていた。私がパナマに入国すると、パナマ政府から案内人が派遣されてきた。(著者は当時エコノミック・ヒットマンをしており、エンジニアリング会社の重役の肩書きだった)

案内人の名前はフィデルで、パナマについて説明してくれた。「 パナマは、リオグランデ川の以南では最も国際銀行の数が多い国です。『アメリカ大陸のスイス』と呼ばれているんです。私達はお客様にめったに質問をしませんから。運河を通る船は、半分は日本へ往来している船で、アメリカ相手を上回っています。 」

海岸沿いの豊かな地区に行くと、公園でアメリカ人らしき家族がピクニックをしていた。

「アメリカ市民なのか?」と私が尋ねると、「もちろんだよ、カナル・ゾーンはアメリカ領だ。暴君のトリホスが波風を立てている、実に危険な男だよ。」との返事がかえってきた。次に、スラム街に行った。

栄養失調で腹の膨らんだ子供たちが、施しをねだってきた。

あちこちの壁に落書きがあり、「外国人は出て行け」「アメリカ政府は奴隷使いだ」「パナマはベトナムじゃないとニクソンに教えてやれ」といった文句があった。

次に、カナル・ゾーンに行った。

そこには信じられないほどの豊かさがあり、巨大なビル・豪華な住宅・手入れされた芝生・ゴルフコース・多様な店・劇場があった。フィデルは説明した。

「 ここにあるものは、すべてアメリカ人のものです。 スーパーマーケットも美容院もレストランも、パナマの法律や税金の対象外なのです。

アメリカ人専用の、郵便局・裁判所・学校もあります。
まさに国家の中に、別の国家があるのです。 」

フィデルは続けた。

「 パナマ人の年間収入は、平均で1000ドル未満です。 失業率は30%です。

さっき案内したスラム街では、仕事のある人はほとんど居ない。

トリホスは、本気で現状を変えようとしている。彼は人々のために闘う男なんです。 」

その後のある日、私はトリホス将軍の別荘に招かれた。

トリホスは、軽装でリラックスしていた。

彼は、イラン国王のモハンマドに強い関心を持っていた。

「 モハンマド国王は、自分の父親を追い落としたあげく、CIAの操り人形になった。

彼の秘密警察サバクは、冷酷な人殺し集団と見なされている。
彼の政権はそう長く続かないだろう。 」

トリホスは言葉を続けた。

「 私達は、運河を持っている。

グアテマラでアルベンス大統領が農民に売却したユナイテッドフルーツ社の土地よりも、パナマ運河ははるかに重大だ。 」ユナイテッド・フルーツ社は、中米で最大企業の1つだ。

1950年代初めのグアテマラでは、民主的な選挙でハコボ・アルベンスが大統領になり、農地改革をした。

当時のグアテマラでは、3%未満の人々が国土の70%を所有していた。アルベンスは、貧しい人々に土地を与えたのだ。

トリホスは語った。

「 中南米の中流以下の人々はみな、アルベンスを賞賛した。

私たちは、固唾を飲んで成り行きを見守っていた。

ユナイテッド・フルーツ社は、コロンビア、パナマ、コスタリカ、キューバ、ジャマイカ、ニカラグア、サントドミンゴにも、広大な農園を持っていた。 」

ユナイテッド・フルーツ社は、アメリカで大規模な宣伝工作をし、アルベンスは共産主義者でソ連の手先だと大衆や議会に信じさせた。

そして1954年に、CIAがグアテマラでのクーデターを首謀した。

米軍機は首都グアテマラシティを爆撃し、アルベンス大統領は失脚させられて、
冷酷な独裁者カスティーリョ・アルマスが政権に就いた。

新政権はユナイテッド・フルーツ社と結託し、農地改革を帳消しにし、外国人投資家を優遇し、批判する国民を数多く投獄した。

トリホスは言った。

「 アルベンスは、政治的に暗殺されたのだ。君たちアメリカ人は、どうしてCIAのたわ言を鵜呑みにした? 私は、そう簡単にはやられない。 」

トリホスが訊いてきた。

「 ユナイテッド・フルーツ社の持ち主は誰か、知っているか? 」

「 ザパタ石油、我が国の国連大使ジョージ・ブッシュの会社です。 」

「 彼は、野心を持つ男だ。

  私は今、べクテル社の彼の旧友たちと対決している。 」

その言葉に、私は驚いた。

べクテル社は世界有数のエンジニアリング会社で、私の勤めているメイン社と連携する機会も多い。トリホスは説明した。

「 我が国は、新しい運河の建設を検討している。より大きな船舶が通行可能になるよう、改めるのだ。

日本が資金提供に興味を持っていて、もし日本がカネを出せばもちろん建設は彼らがやる。

  べクテル社には、ニクソン大統領やフォードやブッシュの盟友がたくさんいる。べクテルの人脈が共和党を操っていると、私は聞いている。 」

私は話を聞いていて、『彼はエコノミック・ヒットマンのやり口を知っている』と確信した。

「 将軍、一体なぜ(エコノミック・ヒットマンの)私をお呼びになったのですか? 」トリホスは笑顔を浮かべた。

「 我が国は、君の手助けを必要としている。 我々は、運河をこの手に取り戻す。 だが、それだけでは十分ではない。我が国は、手本にならなければならない。

ロシアや中国に操られずに、アメリカとも敵対せずに、貧しい人々の権利を守れることを、世界に証明するのだ。そのためには、経済的な基盤を築かなければならない。これを実現するには、世界銀行や米州開発銀行のカネが必要だ。 」

彼は身を乗り出し、私の目をじっと見つつ言った。

「 君の会社は、開発プロジェクトの規模を必要以上に膨らませて、より多くの仕事を手に入れようとする。
だが、今回はそうはいかない。 国民にとって一番いい計画を提示してくれ。 そうすれば仕事は全部やろう。 」

彼の提案は、ぞくぞくするものだった。

私がメイン社で教えられた事のまるで逆をやれと、彼は言うのだ。

間違いなく彼は、対外援助ゲームのペテンを知っていた。

援助をしてその国を借金づけにし、アメリカの思いのままにする手口を。

別れの挨拶をする頃には、メイン社は契約をとりつけ、私は彼の言いつけに従う事を了解していた。

トリホスと私は、秘密の約束を尊重した。

私は正当な調査を実施し、貧しい人々を勘定に入れた開発プランを作った。

メイン社には次々と契約が舞い込み、競争相手はパナマから追い出されていった。

私はまた、トリホスとカーター大統領が新たな運河条約のための交渉を開始するのを、見守っていた。

この交渉は、多くの人々が注目し、アメリカの保守派は憤りを露わにしていた。

トリホスは1975年に、私たちを前にこうスピーチしていた。

「 フォードは弱い大統領だから、再選しないだろう。

だからこそ、私はパナマ運河の問題を一気に解決しようと決心した。

今こそアメリカと全面対決してでも、運河を取り戻す時だ。 」

1977年になると、ホワイトハウスにはカーターがいて、運河条約の真剣な交渉が行われていた。

(カーターはパナマの立場に理解があり、運河をパナマに渡すのを認めようとしていた)

グレアム・グリーンが発表した記事は、「アメリカ情報機関はカーター大統領の意思を削ごうとしており、パナマ軍の上層部を抱きこもうとしている」と示唆していた。

グリーンとトリホスは親友だった。

私のパナマでの仕事は、エコノミック・ヒットマン(EHM)の役割を逸脱していた。私のした事は、メイン社のためにはなっても、アメリカ帝国の拡大には繋がらない。EHMが失敗した時は、ジャッカル(暗殺のプロ)が送り込まれる。ラテンアメリカの歴史は、英雄の死体に満ちている。
私はトリホスの身を心配した。

1977年に、トリホスとカーターは『パナマ運河をパナマ政府の管理下に置くことを定めた新条約』を締結した。

アメリカ議会では、わずか1票差の批准だった。

保守派は復讐を誓い、トリホスは暗殺される事になります。

1981年5月に起きた、エクアドル大統領ハイメ・ロルドスの暗殺に、私は衝撃をうけた。
あまりに露骨なやり方だったからだ。

それほどあからさまに実行されたのは、メッセージを送るためだと、私は理解した。

レーガン政権は、オマール・トリホスらに「逆らえば殺す」と伝えたのだ。

けれど、トリホスは屈しなかった。

パナマ運河条約の再交渉についてのレーガンの要求を、頑なに拒んだ。

そして、ロルドスの死から2ヵ月後に、トリホスも飛行機事故で命を落とした。

1981年7月31日のことで、52歳だった。

トリホスは、アメリカに敢然と立ち向かう男として尊敬されており、ノーベル平和賞の呼び声も高かった。

ロルドス暗殺の時と同じく、ラテンアメリカの新聞は「CIAによる暗殺!」と書き立てた。

何年も後に、グレアム・グリーンはノンフィクションの『トリホス将軍の死』を書いた。

その中で、こう書いている。

「 私の友人であるトリホス将軍を乗せた小型機は、自宅に向かう途中で墜落し、生存者はいないという。数日後に、彼の護衛をしていたチュチ軍曹から電話があった。そして、こう言ってきた。

  『あの飛行機には、爆弾が仕掛けられていました』 」

アメリカ軍の幹部たちは、トリホスとカーターが結んだ条約によって『パナマで米州学校(SOA)と熱帯地域戦の訓練センターが閉鎖されたこと』に怒っていた。

トリホスを敵視していた企業は、その多くはアメリカの政治家と密接な繋がりがあり、中南米の天然資源や農地の搾取に関わっていた。

べクテル社は、その代表例だ。

べクテル社は、アメリカで最も影響力のあるエンジニアリング会社で、取締役にはレーガン政権で高官を務めたジョージ・シュルツやキャスパー・ワインバーガーもいた。

彼らは、新パナマ運河の建設工事に日本企業から設計案を求めたことを、嫌悪していた。

トリホスの後は、マヌエル・ノリエガが権力(軍の最高司令官)を引き継いだ。

ノリエガはカリスマ性も知性も持たず、レーガン=ブッシュ政権やベクテル社に勝ち目がないのは衆目の一致するところだった。

トリホスが生きていたら、中南米に蔓延する暴力を鎮めようとしたことは疑う余地がない。

彼は、国際石油会社による自然破壊を止める策を考えていた。

 

オマール・トリホスがアメリカに暗殺されると、マヌエル・ノリエガが軍の最高司令官を継いだ。

彼は、当初は貧しい人々のために努力していた。

ノリエガの最重要プロジェクトの1つは、『新パナマ運河の建設』であり、その資金調達と建設には日本があたる事になっていた。

ノリエガは、こう書いている。

「 レーガン政権の国務長官ジョージ・シュルツは、ベクテル社の元重役だ。国防長官キャスパー・ワインバーガーは、ベクテル社の副社長だった。ベクテル社は、新運河建設がもたらす何十億ドルもの収益を望んでいた(自分たちが建設工事を受注するのを望んでいた)。 」

しかしノリエガは、トリホスほどのカリスマ性も高潔さも備えてなかった。

やがて、汚職や麻薬取引の噂が広がった。

ノリエガは、アメリカCIAと連携する情報機関である『パナマ国防軍G2部隊』を率いる
大佐として評判を上げた人物だ。

その立場を背景に、CIA長官ウィリアム・ケーシーと親交を深めていった。

CIAは、ノリエガを利用して作戦を進めた。

例えば、1983年のグレナダ侵攻では、カストロに事前に警告をする役をノリエガに頼んだ。

CIAがコロンビアの麻薬カルテルに潜入した時も、ノリエガは手を貸した。

1984年までに、ノリエガは将軍に昇進し、パナマ国防軍のトップとなった。

この年にパナマシティを訪問したケーシーは、空港に出迎えた現地のCIAトップに開口一番「あいつはどこだ? ノリエガは?」と聞き、親密さをうかがわせた。

ノリエガがワシントンを訪れた折には、ケーシーの自宅を訪れている。

ノリエガは、「CIAはアメリカ政府で最大の権力を持っている」と信じていた。

だから、CIAと仲良くすれば自分を守ってくれると確信していた。

ノリエガの悪評判は、1986年6月12日にニューヨーク・タイムズが「パナマの独裁者、麻薬密売で金儲けか」という記事を1面に載せると、決定的になった。

この記事は、「ノリエガ将軍は、アメリカとキューバの両方の手先となる二重スパイであり、G2に政敵のウーゴ・スパダフォラを斬首させ、パナマの麻薬取引を牛耳っている」と報じた。

ノリエガが米州学校のパナマ設置について、15年間の延長を拒否した時、彼の状況はいよいよ深刻になった。

ノリエガはこう語っている。

「 我々にとって、米州学校は悩みの種だった。

我々の土地に、決死部隊の訓練場や高圧的な右派の軍隊など、置きたくなかった。 」

1989年12月20日に、アメリカ軍は「第二次大戦以来で最大規模」といわれる
都市空爆を、パナマに行った。

多くの市民が、いわれのない攻撃を受けた。

世界中の国が、「国際法への違反だ」と非難した。

パナマは、アメリカになんの脅威も与えてなかった。

アメリカ支配層の思惑を、果敢に無視しただけだった。

ノリエガは、こう語っている。

「 アメリカが1986年に発動し、89年のパナマ侵攻で終わった政権打倒の
キャンペーンは、パナマ運河の支配権をパナマが持つことをアメリカが拒否した
結果だった。

(レーガン政権の閣僚だった)シュルツとワインバーガーは、大衆が無知なのを
いいことに、私を打ち落とすプロパガンダ作戦を練り上げた。 」

アメリカが攻撃を正当化した理由の根拠は、ただ1人の男の存在(ノリエガ)だった。

それを根拠に、軍隊を送り込んで多くの人命を奪った。

攻撃を正当化するために、ノリエガは「邪悪な者」「麻薬取引をする怪物」などと性格づけされたのだ。

この侵攻のおぞましさに、私は何日もうつ状態に陥った。

知れば知るほど、パナマ侵攻はアメリカが帝国主義に逆戻りしている結果で、ブッシュ政権はレーガン政権よりもさらに一歩踏み込んだ姿勢で「目的のためなら戦争も辞さないこと」を世界に知らしめたと確信した。

パナマ侵攻は、イラクのような国を脅して服従させる目的もあったと思う。

デヴィッド・ハリスは、『深夜の敗走』の中でこう書いている。

「 アメリカは、他国に侵攻してその国の支配者を捕まえ、アメリカに連行して裁判を
行った。

こんな事は、国家誕生から225年にして初めてのことだ。 」

ブッシュ政権は、侵攻の違法性を隠すために、侵攻の一部始終をマスコミの目から遮断した。

激しく爆撃した地域は、3日間の立ち入り禁止として、その間に兵士たちが犠牲者を火葬して埋めた事実が発覚している。

チェイニー国防長官は死者数を「500~600人」と言ったが、人権団体によれば「3000~5000人」と見積もられ、2.5万人が家を失った。

ノリエガはマイアミに連行されて、40年の拘禁判決を受けた。

この国際法違反に世界は激怒したが、アメリカ国内での報道は非常に限られていた。
(つまり報道が規制された)

パナマにはアメリカの傀儡政権が復活し、アメリカは再び運河を支配した。

中華民国(台湾)承認国中で最も古い年(1909年)から国交継続が続いている国家だったが、2017年6月12日に断交して中華人民共和国との国交樹立を発表した。なお、中華人民共和国の国有企業はパナマ最大の港であるマルガリータ島港を99年の契約で租借している。

史実カテゴリの最新記事