創氏改名 強制連行 慰安婦について語っておこう

創氏改名 強制連行 慰安婦について語っておこう

史実

「強制連行」問題とは、第一義的には、「在日は『強制連行』されてきた者およびその子孫である」という虚構が、現実の政治に利用されてきた問題のことである。つまりそれが特に民族派の在日や日本人左派によって、在日が日本に滞在していることについての正当性の獲得と、「植民地支配」の犠牲者に対する配慮要求として政治利用されてきたという経緯がある。

在日の正しい来歴についてここで簡単に整理しておくと、1945年の終戦の時点で日本国内に居留していた朝鮮人は約200万人であり、そのほとんどは自由意志による渡日、あるいは募集や斡旋などの仕事の都合によるものであった。そのなかで強制性のある「戦時徴用」で来た者は「ごく少数」とされ、それもほとんどが戦後に引き上げ、245人が残留したにすぎないとされている。その後、1959年の時点で日本国内に在留していた在日朝鮮人は61万人となり、その内訳は、戦前戦中に「徴用」以外の理由で来た者、戦後に来た者、そして徴用残留者の245人であった。

業界最安級!月額1,380円~ギガ放題が利用できるWiMAX

史実カテゴリの最新記事