米中貿易戦争って

米中貿易戦争って

米国が抱える貿易赤字の原因は、米国内の貯蓄不足にある

中国からの輸入品に対する関税率を引き上げても他国からの輸入が増えるだけで意味をなさない。

【Front Japan 桜】田村秀男~米中貿易戦争の実態 / 世界新秩序へ~米露会談 / 石垣島に陸自受け入れへ/ パラオ 中国航空路線停止へ / 小泉進次郎氏、造反せず[桜H30/7/19]

キャスター:水島総・髙清水有子

■ ニュースPick Up

・世界新秩序へ~米露会談  ・石垣島に陸自受け入れへ  ・パラオ 中国航空路線停止へ  ・小泉進次郎氏、造反せず ■ 米中貿易戦争の実態

ゲスト:田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員)

 

 

米中の報復合戦の内実は、貿易戦争にとどまらず、超大国としての威信を懸けた「ハイテク覇権争い」である。保護主義を強める米国と世界一の製造強国を目指す中国。両国のはざまで、日系企業は難しい決断を迫られている。

貿易戦争ならば、貿易不均衡は対米投資の拡大によって、何とかつじつまを合わせることもできよう。だが今の米中で起きているのは、最先端テクノロジーや安全保障という、将来の国力を左右する根幹部分を賭した覇権争いだ。このため、米国は中国資本の入った企業の対米投資にまで制限を加えようとしている。

 

トランプ氏の強権発動は止まらない。最近、安全保障の脅威を理由に、中国のハイテク企業を狙い撃ちにする事例が目立っている。

NEWSカテゴリの最新記事