東京福祉大学から留学生が消えた

東京福祉大学から留学生が消えた

東京福祉大学から留学生が消えた

 

東京福祉大学から留学生、それも非正規の研究生が大量に行方不明になった、と話題になっている。

東京福祉大で留学生700人所在不明 会計検査院が調査(産経新聞2019年3月15日)

東京福祉大(東京都豊島区)が今年度、「研究生」として受け入れた留学生約3200人のうち、約700人が所在不明となっていることが15日、関係者への取材で分かった。中には就学ビザが切れ、不法残留となっている留学生もいるといい、法務省入国管理局や大学を所管する文部科学省も実態調査に乗り出した。

東京福祉大では平成28年度から、正規の学部へ入学するための準備課程として日本語を学ぶ外国人を「研究生」として受け入れている。1年間修了し、試験を受ければ正規の学部に進学できる。

関係者によると、30年度は社会福祉学部でベトナムや中国などから3179人を受け入れたという。産経新聞が入手した内部資料によると、昨年4月以降、授業に出席せず連絡が取れなくなるなどして「所在不明」として除籍された研究生は688人。在留延長が認められなかったなどの事情で退学した研究生は313人で、1年間の課程を修了できなかった学生は計1001人に上った。東京福祉大は12年に群馬県伊勢崎市に開学した私立大学で、現在は全国4拠点に3学部を展開している。同大の研究生を含めた留学生数は27年度の1403人から3年で約3・7倍に急増。日本学生支援機構によると、30年度は早稲田大学に次ぐ全国2位の5133人を受け入れた。社会福祉学部がある北区の王子キャンパスでは銭湯の2階やアパートの一室を使用するなど教室不足が深刻化しているという。

所在不明になった留学生数十人は、就学ビザが切れるなどして不法残留になっているといい、入国管理局と文科省が詳しく調べている。

また、会計検査院も今月13日、同大への調査を開始した。国からの補助金が留学生支援に適切に使われているかなどについて調べているとみられる。

産経新聞の取材に対し、東京福祉大は「多数の研究生が所在不明なのは事実。誠に残念なことで、今後は所在不明になる学生が現れないよう管理態勢を徹底したい」とした。

介護福祉分野で学ぶ、という理由?

研究生は社会福祉学部などに入ったとのこと。

社会福祉学部は名前の通り、社会福祉業界を目指す学部です。

関連の国家資格は社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士の3つ。

このうち、社会福祉士は福祉業界の管理職を目指すうえでは必須の資格です。社会福祉士の2018年(第30回)合格率は30.3%。かなりの難関資格であり、外国人留学生が社会福祉士を志望していたとは思えません。

精神保健福祉士は精神保健分野に限定されており、こちらも志望していたとはちょっと思えません。

その点、介護福祉士は社会福祉士に比べれば合格率は高め。2018年(第30回)合格率は70.8%でした。

それから、介護分野は人手不足が続いており、2017年9月から介護の在留資格がスタート。2021年までは経過措置として、外国人留学生は不合格(または未受験)でも5年限定の介護福祉士として登録ができます。

外国人留学生は介護分野で増えていることは2018年9月18日の日本経済新聞朝刊も報じています。

介護留学生倍増、1000人超え 養成校入学の6人に1人

介護福祉士を養成する専門学校や大学に2018年4月に入学した外国人留学生は1142人で、前年から倍増したことが、公益社団法人「日本介護福祉士養成施設協会」の調査で18日までに分かった。日本人を含む入学者は6856人となり、6人に1人を外国人が占めた。一方、日本人は5年前の半分以下に減少し、5714人だった。

「研究生は介護分野ではない」

東京福祉大学の留学生激増の背景にあるのが介護福祉分野で学ぶ、という理由であれば納得できます。

実際、東京福祉大学以外にも介護福祉士養成の大学・短大・専門学校に外国人留学生は増加しています。

2018年4月3日付・北國新聞朝刊「介護留学生を囲い込み」記事には介護施設の運営会社と養成校が連携する模様が描かれています。記事見出しには「北陸三県 求人難、養成校と施設連携 奨学金支給、バイト・就職先を世話 富山福祉短大が参加」とあり、もうこれだけで福祉業界は大変なんだな、と理解できます。

ところで、記事には

「初年度の今年は中国、インドネシア、フィリピンの3カ国の12人が支援を利用する」

「今春は富山福祉短大に中国人6人、金沢福祉専門学校に中国人3人、インドネシア人2人、フィリピン人1人が入学する」

「富山福祉短大では今年、社会福祉学科介護福祉専攻で学んでいたモンゴル、フィリピン、韓国の外国人留学生3人が介護福祉士国家試験に合格した」

とあります。

記事にある「支援」とは養成施設が奨学金(2年間で170万円)を支給、アルバイトや生活相談なども支援する、というものです。かなりの厚遇ですが、それで12人?東京福祉大学の所在不明1400人とは人数が違いすぎます。

と思って、日本介護福祉士養成施設協会に電話取材したところ、

「東京福祉大学の研究生は介護福祉士を目指しているわけではない。目指すとしたら東京福祉大学ではなくグループ内の専門学校に入学しているはず。この問題が介護養成と結びつく、と誤解する方も多く困惑している」(広報担当者)

とのこと。

そもそも、介護福祉分野で日本の養成校に入るには、

「現地で日本語を学び、さらに日本語検定(N2)以上を取得するか、日本の日本語学校で半年から2年間、学ぶ必要がある。どちらにしても研究生のように簡単に入れるものではない」(広報担当者)

とのこと。

すみません、私も思いっきり誤解していました。

他のマスコミ関係者の皆様も介護分野と結び付けたが最後、マスゴミと呼ばれかねないのでご注意ください。

 



NEWSカテゴリの最新記事