日本の移民問題

日本の移民問題

ノンフィクション作家・河添恵子#10-2★日本の移民問題〜デンマークを参考にせよ!欧州一移民に厳しい国〜

 

 

欧州一移民に厳しい国はデンマークだった!ドイツやスウェーデン、イギリスなど、移民で自国経済を豊かにしようとする国がある中、デンマークはそれを拒否し、独自路線を貫いている。
日本がデンマークから学ぶことは、多くあるのではないだろうか?

「ノンフィクション作家・河添恵子」番組一覧:
https://goo.gl/5attTw

==========================
#10-2
<目次的な!>
・前回に続き、EU移民問題
・デンマークの移民政策・対策は世界で最も厳しい
・デンマーク人と結婚しデンマークに住むことさえも、簡単ではない
・「デンマークを難民にとって魅力のない国にする」(デンマーク雇用省の声明文 / 2016年)
・デンマーク国民としての覚悟の有無を、すべての移民外国人に問う(試験があり難関)
・ちなみに人口は577万人(2017年)
・デンマークの婚姻ビザ事情
・外国人移民者は、デンマーク語の70問の試験があってハードル高い
・高学歴(大学卒)も必須
・銀行に100万円程度の預託金が必要
・さらにビザは3年毎の更新、その度に試験あり
・それらをクリアしないと永住権を取得できない
・日本が移民を増やす方向へ舵を切るなら、見習うべきなのは、デンマークの移民政策ではないでしょうか。
・移民外国人は集合して暮らす習性がありますが、そういった民族別でゲットー化しないよう国が調整している
・デンマークファーストの政策をとり、いいデンマーク人を育成するのがデンマーク方式
===質問タイム===
Q. ヨーロッパでも厳しいのはデンマークだけなのでしょうか?
・欧州で最も移民に厳しい?→YES
・ドイツ以上に合理的なデンマーク
Q. 何故そういう考えに至ったのでしょうか?
・デンマークが移民に厳しい理由
・いい意味で排他的、誇り高い民族、世界で最も幸福度が高いランキング常に上位、税金も高い、税金はガラス張りでオープン、社会福祉も高めで国民ファースト、病院や学校教育も無料
・税の高さは、ある意味国に貯金をしているような状態
・選挙には90%以上が投票に行く国
・日本も本来は、かくあるべし

<デンマークメモ>
① デンマークは紀元前12000年より人が住んでおり、文化的な土壌も豊かである
② 世界で二番目に古い王室の歴史あり(一番はもちろん日本です)
③ 8世紀〜11世紀おいてはヴァイキングが活躍し、デーン人が西ヨーロッパ一帯を征服した
④ デンマークの国名は「デーン人の国」という意味
⑤ キリスト教が布教されたのは9世紀以降、その後は戦争に巻き込まれつつ国力は衰退していった印象

#移民 #移民政策 #デンマーク
=====================

#10-2
収録日:2018年11月14日 / 18分

ノンフィクション作家、河添恵子さんの番組が林原チャンネルで配信中!中国問題の専門家として知られる河添さんの、実はそれだけじゃ無い!本当の姿をお届けします。
「中国のことは好きでも嫌いでもなく、私はただ、ありのままの中国を見ているだけ・・・」
決してブレることなく燃え上がる、ノンフィクション作家としての河添恵子魂をどうぞキャッチしてください!

「ノンフィクション作家・河添恵子」番組一覧:
https://goo.gl/5attTw

林原チャンネルと河添恵子さん宛へのメール:info@hayashibara-ch.jp

<プロフィール>
河添恵子(Keiko Kawasoe)
ノンフィクション作家。1963年千葉県松戸市生まれ。
名古屋市立女子短期大学卒業後、1986年より北京外国語学院、1987年より遼寧師範大学(大連)へ留学。1994年に作家活動をスタート。
ネットTVは、(チャンネルAJER、チャンネルCGS、チャンネル桜)にレギュラー出演中。
著書多数。「中国・中国人の品性」(宮崎正弘共著・WAC・2017年)「トランプが中国の夢を終わらせる」(ワニブックス・2017年)ほか。
「世界の子どもたちは今」「アジアの小学生」シリーズなどの、小中学生用の図鑑(学研)も、ぜひお手に取ってみて下さい(図書館にあるはず!)。
河添恵子著書一覧(Amazon):https://goo.gl/UdpASJ

河添恵子カテゴリの最新記事