台湾は漢人の国ではない。

台湾は漢人の国ではない。

日本人は勘違いしている。台湾を漢人が統治した歴史はない。

台湾は中国の一部ではありません。台湾人は漢人ではありません。

台湾は1895年より日本の統治下にありましたが、第二次世界大戦の結果、1945年に日本は台湾を放棄し、連合国軍の指令で、蒋介石軍が台湾へ進駐しました。1947年には、圧政に反対する台湾人が一斉蜂起しましたが、蒋介石軍はこれを武力で鎮圧し、約3万人もの台湾人を虐殺しました(二・二八事件)。

 

 その後、蒋介石率いる国民党政府は、恐怖政治によって台湾人の自由な言論を封じ込め、台湾人の人権を蹂躙して居座り続けました。1949年に敷かれた戒厳令は1987年に解除されるまで、38年もの長きにわたって、台湾人の自由な行動と言論を奪い続けたのです。

国民党政権下では、「台湾は中国を領土とする中華民国の一部である」とする洗脳が行われ、台湾人が健全な国家意識を持つことを妨害してきました。

国内外の独立運動・民主化運動の結果、1987年、台湾人総統 李登輝氏の下で台湾は形式上民主化されました。しかし、今でも蒋介石集団の後継者である国民党が、社会の隅々にコントロールを及ぼしています。

また、中国も台湾併合の野心を持ち、国家を総動員して台湾が中国の一部であると宣伝し、台湾へ向けたミサイルを年々増やし(2011年10月現在2000基を超す)、2005年には台湾への武力行使を正当化する国内法を制定するなど、攻勢を強めています。

 

 

米中対決最大の主戦場「台湾」

複業するならAnother works

 

日本政府が無視したエリート3万人の命

 

 

複業するならAnother works

台湾で語り継がれる日本人の強さの秘密

 

 

【林建良】ガン細胞・中国に呑み込まれないための処方箋

2013/03/15
台湾独立建国運動のリーダーのお一人として活躍なさっている林建良氏をお迎えし、医師としての着眼点から中国の本質を悪性ガンになぞらえた御著書『中国ガン』を御紹介いただきながら、あらゆる民族・国家の中で中国だけに見られる「アポトーシス(自己犠牲の生命法則)」の欠如や、その中国を無害化する役割を果たすであろう”NK(ナチュラルキラー)リンパ球”を活性化させるための”処方箋”について、お話しいただきます。
複業するならAnother works

国外の策謀カテゴリの最新記事