スカル&ボーンズの利権

スカル&ボーンズの利権

スカル&ボーンズとは

スカル・アンド・ボーンズ(Skull and Bones、S&B、頭蓋骨と骨)は、アメリカのイェール大学にある秘密結社。「The Brotherhood of Death」の異名がある。会員名簿は公開されている。ウィリアム・ハンティントン・ラッセルと、従兄弟のサミュエル・ラッセルが1832年に設立した。また彼らはラッセル商会とカルパーリングをも創設した。

創設者アルフォンゾ・タフトとウイリアム・ラッセル。アルフォンゾ・タフトは、ユリシーズ・グラント政権で司法長官と陸軍長官を務めた。息子は第27代米国大統領のウィリアム・タフト。
ウイリアム・ラッセルは、ロスチャイルドとベアリングが支配する阿片貿易の利権を分けてもらった麻薬貿易会社ラッセル社の一族。
ラッセル社は、英国が独占するインド産阿片より質が悪いけど安価なトルコ産阿片を中国に持ち込みそこで得た資金で「マサチューセッツ銀行」(のちのボストン・ファースト・ナショナル銀行)を設立している。
スカル&ボーンズは、1856年には「ラッセル信託基金」の名の下に正規の法人格を取得している。

17世紀に最初にアメリカにやってきたピューリタンの末裔たちが第一グループとされホイットニー家、ロード家、ワッズワース家、アレン家、バンディ家、アダムス家、スティムソン家タフト家、ギルマン家、パーキンス家などがある。
第二グループは、18世紀から19世紀に巨万の富を得た名家で、ハリマン家、ロックフェラー家、ペイン家、ダヴィソン家、ピルスベリー家、ウェイヤハウザー家、そしてブッシュ家などである。
フリーランスの請求書を現金化【FREENANCE】

ラッセル商会とは

ラッセル商会(ラッセルしょうかい、英:Russell & Co.、中:旗昌洋行)は、19世紀に極東で著名であったアメリカ系の貿易会社である。主に上海に拠点を置き、横浜にも支店を置いた。主にトルコから中国への阿片の輸出と、東アジアからの生糸と茶の輸入を中心に取引を行なっていた。
1824年、アメリカ合衆国コネチカット州ミドルタウン出身の事業家サミュエル・ラッセル(英語版)により広州で設立される。
1830年、ブライアント&スタージス(Bryant & Sturgis)とパーキンス商会(Perkins & Co.)がラッセル商会(Russell & Co.)と合併。
1845年、商会の共同出資者の一人であるジョン・マレー・フォーブスが清からボストンへ帰国し、大陸横断鉄道建設に参加。
1846年、本拠地を上海外灘へ移転。
1853年、太平天国の乱により、広州・上海と茶葉の産地とを結ぶ道路が寸断され、直接武夷山から仕入れるため福州へ赴く・
1862年、カニンガム(Cunningham、1823年-1889年)が船舶会社である上海蒸気船舶会社(英:Shanghai Steam Navigation Co.、中:旗昌輪船公司)を設立させ、上海-漢口間を開通させる。
1867年、上海-天津間を開通させる。
1878年、上海で生糸工場を建設する。
1891年、ラッセル商会が中心となって中国国立銀行(National Bank of China)を香港に設立する。
1911年、中国国立銀行の営業を停止する。

国外の策謀カテゴリの最新記事