「韓国」の検索結果 113件

10/12ページ

フーバー回顧録

ハーバート・フーバー (1874~1964)、大統領在任1929~1933年。 マルクス以来の国際共産主義運動を回顧する。   本書は、第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバー(任期1929~33)が第二次世界大戦の過程を詳細に検証した回顧録です。第二次世界大戦とは何だったのか――。従来の見方とは真っ向から対立する歴史観をもつ本書は長い間、公にされませんでしたが、2011年に米国フーバ […]

特別番組「中国五千年の歴史を石平先生と語る!」倉山満【チャンネルくらら・8月2日配信】

特別番組「中国五千年の歴史を石平先生と語る!」倉山満【チャンネルくらら・8月2日配信】   聖人孔子も嘘を奨励! だから中国人は嘘だらけ。論語では「避諱」(恥となることを隠す)が美徳であり、そのため国家、偉人、トップの過失は決して暴いてはいけないこととされる。孔子の編纂した尚書自体が2000年前から偽書が作られ、清末には「厚黒学」まで著され、儒教が述べる成功法則は「腹黒さ」だと説いた。嘘 […]

健全なナショナリズムの必要性

『日本国史』著者インタビュー     日本時評2 歴史への健全なナショナリズムの必要性 田中英道 ※平成28年4月17日掲載 憲法改正の問題が現実化しています。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」などと「前文」に書かれたことが、いかに嘘の文言であるかが、核・威嚇をする北朝鮮だけではなく、常に反日的な言葉を繰り返す中国、韓国のナシ […]

反日の起源エドガートン・ハーバート・ノーマンの

E・ハーバート・ノーマン略歴 歴史家・外交官、E・ハーバート・ノーマンは、1909年9月1日、カナダ人宣教師の第3子として長野県の軽井沢で誕生。トロント大学、ケンブリッジ大学、コロンビア大学、ハーバード大学で学び、1939年カナダ外務省に入省。 第二次大戦後、米国の要請によりカナダ外務省からGHQ (連合国軍総司令部) に出向し、占領下の日本の民主化・改革に携わった。1946年8月、駐日カナダ代表 […]

4.25櫻井よし子氏記者会見「日本国憲法について」

本日は自由報道協会にお招き頂き、ありがとうございます。今日、私に与えられたテーマは、憲法です。日本国憲法の改正についてです。主に文化と安全保障の面からお話ししたいと思います。憲法というのはどの国にとっても、その国の価値観の根幹をなすものです。しかし、日本国憲法はそのような形になっておりません。日本が敗戦して占領下にあった時に、アメリカに作られたこの憲法の価値観は、私たちの文化に根ざしたものではあり […]

教科書誤報事件から始まった慰安婦問題

教科書誤報事件から始まった慰安婦問題   昭和57年(1982)6月26日、文部省の高校歴史教科書検定において、日本軍の支那華北地方への「侵略」という記述が「進出」に書き換えられたという記事が全新聞に一斉に報道された。マスコミは連日、文部省を非難し続けた。 7月になると支那と韓国が強く抗議し、外交問題に発展した。しかし、実際には「侵略」が「進出」に書き換えられた教科書などはまったくなく、 […]

在日朝鮮人に乗っ取られたTBS

朝鮮総連の巧妙な圧力から、無試験の在日朝鮮元TBS社員の告白 人枠を設けたTBSが除々に在日朝鮮人に乗っ取られてしまったのだ。 1960年 テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題(例えば「朝鮮民主人民共和国」を“北朝鮮”と呼んでしまった、など)に対して、朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。彼等はヤクザまがいの風貌で自宅にまで押 […]

朝鮮人は現代人と約900万個の遺伝子が違います。

朝鮮人は現代人と約900万個の遺伝子が違います。   7,700年前の新石器時代に生きていた韓国人の祖先のゲノム(ある生物種を規定する遺伝情報全体)が初めて解読された。パク・チョンファ蔚山科学技術院(UNIST)ゲノム研究所長(生命科学部教授)が率いる国際共同研究チームは1日、「中朝国境・豆満江(中国名:図們江)の北にあるロシア・アムール川流域の『悪魔の門の洞窟(Devil’ […]

小池百合子に見る虚飾社会日本・前編

小池百合子に見る虚飾社会日本・前編   」 <前編>文藝春秋7月号に掲載された「小池百合子 虚飾の履歴書」(石井妙子)には、いよいよ決定的な学歴詐称の証拠が記載されている。東京都政、豊洲移転問題、2020年東京オリンピック、東京直下型地震対策、問題が山積みの中小池氏は何をしているというのか。 また、彼女の嘘で塗り固められた人生は、戦後日本を如実に表してはいまいか?政治家とマスコミの「虚飾 […]

日韓併合の真実とこれからの日韓・日朝関係

日韓併合の真実とこれからの日韓・日朝関係   パネリスト:  黄文雄(作家・評論家)  杉本幹夫(自由主義史観研究会理事)  高山正之(ジャーナリスト)  西岡力(東京基督教大学教授)  三浦小太郎(評論家)  宮脇淳子(モンゴル史家・学術博士)  室谷克実(評論家) 司会:水島総       1910年(明治43年)に「日韓併合条約」が締結しましたが、「朝 […]

1 10 12