「韓国」の検索結果 117件

10/12ページ

【討論】どこへ行く中国習近平政権[桜H30/8/25]

どこへ行く中国習近平政権 日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」 – チャンネル桜 パネリスト 河添恵子(ノンフクション作家)  野口裕之(産経新聞政治部専門委員)  坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師)  ペマ・ギャルポ(拓殖大学国際日本文化研究所教授・チベット文化研究所名誉所長)  宮崎正弘(作家・評論家)  鳴霞(月刊『中国』編集長)  山田吉彦(東海大学教 […]

歴代天皇 38代天智天皇

推古天皇34年生まれ。舒明(じょめい)天皇の皇子。母は宝皇女(のち皇極・斉明天皇)。孝徳・斉明天皇の皇太子。     皇后・妃名 出自 皇子・皇女 倭姫王皇后 古人大兄皇子の娘 遠智娘(イラツメ) 蘇我山田石川麻呂の娘 大田皇女・鵜野皇女・建皇子 姪娘 遠智娘の妹 御名部皇女・阿倍皇女 橘娘 阿倍倉梯麻呂の娘 飛鳥皇女・新田部皇女 常陸娘 蘇我赤兄の娘 山辺皇女 色夫古(シコフ […]

安倍と竹中の売国戦略が日本を滅ぼす。

新自由主義をまっしぐらに突っ走る安倍政権。その背後には守銭奴竹中平蔵平蔵と孫正義がいる では、まず竹中平蔵平蔵の素性を語らなければならないばならない。 構造改革による「供給(サプライ)サイド」改革は、「需要サイド」にも効果を及ぼすはずだというのが竹中平蔵の理屈だった。〝構造改革〟は実際には「政治的な戦略判断」で進められたものでした。もちろん「政治的な戦略判断」をしたのは小泉純一郎元総理です。そして […]

中央対外連絡部

中央対外連絡部   中国の対日工作機関は網の目のように広がり、日本の中枢に浸透している。最も知られる情報機関は、国務院(中国政府)に所属する「国家安全部」。詳しくは後述するが、ここから様々な組織に「工作員」が潜り込んでいる。 . 中国共産党直属の「中央対外連絡部」は党の外交を推進する機関だが、実質的には対外工作機関として、日本の政治家とのパイプ作りなどに勤しむ。日本国内における中国の工作 […]

フーバー回顧録

ハーバート・フーバー (1874~1964)、大統領在任1929~1933年。 マルクス以来の国際共産主義運動を回顧する。   本書は、第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバー(任期1929~33)が第二次世界大戦の過程を詳細に検証した回顧録です。第二次世界大戦とは何だったのか――。従来の見方とは真っ向から対立する歴史観をもつ本書は長い間、公にされませんでしたが、2011年に米国フーバ […]

にんにく+しじみ

にんにく+しじみで、健康に   しじみの力 昔から『しじみは体に良い』と云われています。現代でこそ、数値を科学的に示すことができますが、昔の人々はおそらく食生活から身をもってしじみが体に良いことを理解しておられたのでしょう。【黄疸にはしじみを】といわれるほど効果があるとされています。黄疸とは、血液中の赤血球が破壊され肝機能が落ちた状態。しじみに含まれるアミノ酸、ビタミンB12が肝臓の働き […]

特別番組「中国五千年の歴史を石平先生と語る!」倉山満【チャンネルくらら・8月2日配信】

特別番組「中国五千年の歴史を石平先生と語る!」倉山満【チャンネルくらら・8月2日配信】   聖人孔子も嘘を奨励! だから中国人は嘘だらけ。論語では「避諱」(恥となることを隠す)が美徳であり、そのため国家、偉人、トップの過失は決して暴いてはいけないこととされる。孔子の編纂した尚書自体が2000年前から偽書が作られ、清末には「厚黒学」まで著され、儒教が述べる成功法則は「腹黒さ」だと説いた。嘘 […]

健全なナショナリズムの必要性

『日本国史』著者インタビュー     日本時評2 歴史への健全なナショナリズムの必要性 田中英道 ※平成28年4月17日掲載 憲法改正の問題が現実化しています。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」などと「前文」に書かれたことが、いかに嘘の文言であるかが、核・威嚇をする北朝鮮だけではなく、常に反日的な言葉を繰り返す中国、韓国のナシ […]

反日の起源エドガートン・ハーバート・ノーマンの

E・ハーバート・ノーマン略歴 歴史家・外交官、E・ハーバート・ノーマンは、1909年9月1日、カナダ人宣教師の第3子として長野県の軽井沢で誕生。トロント大学、ケンブリッジ大学、コロンビア大学、ハーバード大学で学び、1939年カナダ外務省に入省。 第二次大戦後、米国の要請によりカナダ外務省からGHQ (連合国軍総司令部) に出向し、占領下の日本の民主化・改革に携わった。1946年8月、駐日カナダ代表 […]

4.25櫻井よし子氏記者会見「日本国憲法について」

本日は自由報道協会にお招き頂き、ありがとうございます。今日、私に与えられたテーマは、憲法です。日本国憲法の改正についてです。主に文化と安全保障の面からお話ししたいと思います。憲法というのはどの国にとっても、その国の価値観の根幹をなすものです。しかし、日本国憲法はそのような形になっておりません。日本が敗戦して占領下にあった時に、アメリカに作られたこの憲法の価値観は、私たちの文化に根ざしたものではあり […]

1 10 12