「韓国」の検索結果 177件

10/18ページ

反日は金になる

リベラルという名の売国奴達 まず、日本ではリベラルは、左翼のことをいう事が多いので、あえてリベラルと呼ばせていただく。そして、日本に於いては、「政治屋」も、「人権派弁護士」も、「市民団体」も、「メディア」も民衆の側に立って活動している人々が皆無に等しいということである。彼らは、自らの利権でしか動かないということである。   同和という錬金術 我国では、1969年から2002年の33年間に […]

チョ・グク糾弾する集会

韓国の祝日にあたる3日(開天節)、文在寅(ムン・ジェイン)政権とチョ・グク法務部(法務省に相当)長官を糾弾する集会がソウル都心で大規模におこなわれた。 当初、この日午前まで台風18号の影響で雨が降るとの予報だったが、雨が止んだことで予想を超える人数が集まったと伝えられている。 この日の集会は最大野党の自由韓国党、ウリ共和党などが主催。主催側によると、300万人から500万人が集会に参加しているとい […]

大阪に朝鮮人が多い理由

西北青年団による大学虐殺 第2次世界大戦後、朝鮮半島はアメリカとソ連により、北緯38度線を境に南北分割占領されました。冷戦の対立の深まりとともに、米ソ両国は傀儡(かいらい)政権をそれぞれ樹立します。南部では李承晩が、北部では抗日パルチザンで活躍した(とされる)金日成が首班となります。 李承晩は北部との対立を先送りにして、南部単独で国家樹立を先行させるべきと考えていました。 一方、そのようなことをし […]

100年前、日本はアメリカと対等に渡り合っていた

100年前、日本はアメリカと対等に渡り合っていた 【CGS 茂木誠 超日本史 第28回】     今回は「第一次世界大戦と国際連盟体制」というテーマです。 大正時代に入り、第一次世界大戦が勃発します。その最中、アメリカ主導で設立されたのが国際連盟です。 いかに国際連盟が適当なものであったのか   グーペ   ケロッグ=ブリアン協定 西欧においてできた国際法に […]

共産党と在日朝鮮人

初期の共産党の活動資金は在日朝鮮人から出ていた。 ソウル特別市長、朴元淳(パクウォンスン)氏は、司法修習で文在寅大統領と同期の左派弁護士出身。韓国総人口の1/4を占める大都市に君臨しながら、豊富な予算を注ぎ込んで反日運動をバックアップしている。     日本共産党は歴史を書き替えてきた 党員も在日朝鮮人は多くいたが、現在の日本共産党史からは、削除されている。   こん […]

映画『主戦場』

映画『主戦場』で語られなかった慰安婦問題の核心 ノンフィクション作家、山崎朋子氏の代表作『サンダカン八番娼館』を二十年ぶりに読み返した。「からゆきさん」と呼ばれた、東南アジアなどで娼婦として働いていた日本人女性の物語だ。熊井啓監督による映画化もされているので、こちらの方がなじみがある人がいるかもしれない。   ネットで安く視聴も可能なので、ご興味がある方はぜひともご覧いただきたい。栗原小 […]

日本のミサイル防衛網では北朝鮮の新型ミサイルに対応できない

日本のミサイル防衛網では北朝鮮の新型ミサイルに対応できない   いわんかな27-1 織田邦男・堤堯・馬渕睦夫・高山正之・日下公人・志方俊之・福島香   秋田や萩などに配備予定の話もあるイージス・アショアや、THAAD、PAC-3など、日本のミサイル迎撃システムには何種類かがありますが、そのどれもが役に立たない可能性が出てきたという。 北朝鮮が今年発射を繰り返している新たなミサイ […]

中央日報またもや捏造報道

タンザニアで「独島は韓国の領土」記念コイン タンザニアの中央銀行が「独島(ドクト、日本名・竹島)は韓国の領土」と記された記念コインを発行し、話題になっている。 15日、KBS(韓国放送公社)によると、タンザニア中央銀行は7月に東島・西島が刻まれた純銀製の記念コインを発行した。コインの表には英語で「韓国の領土」というフレーズと韓半島(朝鮮半島)の地図を刻印し、裏面にはタンザニアの国章の模様と共に額面 […]

売国奴金丸元副総裁の次男団長の訪朝団、北朝鮮入り

国賊、金丸元副総裁の次男団長の訪朝団、北朝鮮入り 【北京、平壌=共同】日朝関係改善に取り組んだ故金丸信・元自民党副総裁の次男、信吾氏(74)を代表とする訪朝団約60人が14日、北京から空路、北朝鮮・平壌に到着した。19日まで滞在。金丸信氏生誕105年となる17日には祝賀会を予定しており、朝鮮労働党や外務省の高官と面会する可能性もある。 信吾氏は、北京国際空港で記者団に対し「日朝の懸案事項は多くある […]

日本の周囲は独裁国家ばかり。

日本の周囲は独裁国家ばかり。 衆院憲法審査会は9日、憲法改正を問う国民投票時の政党CM規制について、民放連幹部を参考人招致し、意見聴取する。与党幹部の舌禍や、左派野党の「欠席戦術」もあり、審査会での実質的議論は何と1年半ぶりだ。こうしたなか、ロシアに祖国を侵攻され、領土の一部を奪われたウクライナの留学生が、憲法記念日(3日)に「公開憲法フォーラム」で披露した講演が注目されている。抑止力や集団的自衛 […]

1 10 18