「実話BUNKAタブー」(コアマガジン)4月号より

写真拡大

宮城県大衡村の村長に大阪の海遊館、同志社大学教授と、このところセクハラ事件が頻発している。しかし、一方では、セクハラ疑惑がささやかれながら、なんの告発もされずにいる会社もまだまだたくさん存在する。

政界にも太いパイプをもつカリスマ経営者・南部靖之社長が創業し、竹中平蔵元総務相を取締役会長に据えた人材派遣業界の大手「パソナ」もそのひとつだ。パソナといえば、ASKA覚醒剤事件(2014年5月)で、ASKAと一緒に逮捕された愛人の栩内香澄美被告(2015年1月13日、東京地方裁判所は懲役2年執行猶予3年の有罪判決を言い渡した)が南部社長の秘書で、ASKA容疑者と知り合ったのが、同社の”VIP接待の館”「仁風林」であったことが明らかになった。この”VIP接待の館”でのパーティには政治家や大物官僚などが出席していたことも報道され、栩内被告が性的接待をしていたかのような記事も多数出回った。

それまで、パソナは「働く女性を応援する」「女性の味方」企業と思われていただけに事件の衝撃は大きかった。だが、結局、パソナそのものは何の告発もされずに現在に至っている。

しかし、ここにきてそのパソナでかなり具体的なセクハラ疑惑がもちあがっている。「実話BUNKAタブー」(コアマガジン)4月号が「元社員が告発! 人材派遣大手パソナ社内で繰り広げられたセクハラ実態」と題して、同社の元女性社員たちの告発を掲載しているのだ。

この元女性社員たちは金澤さん(仮名)、沢木さん(仮名)、伊藤さん(仮名)の3人。全員、パソナグループのなかでも中核となる企業「株式会社パソナ」の営業部所属だった。入社年度は明らかにされていないが、派遣社員ではなく、派遣先企業を開拓する正社員として採用されたエリート。ところが、すぐに同社を辞めている。告発者のひとり、金澤さんは記事の中でその理由をこう語っている。

「パソナは本当に異常すぎる会社です。同期の3割以上は辞めてしまって、私たちも1年もちませんでした」

その「異常」のひとつが常軌を逸したセクハラだった。営業部の仕事は飛び込み営業の日々で、成功するとポイントが加算されるのだが、入社半年後、ポイントが高い新入社員が営業を管轄する常務執行役員主催のご褒美の焼肉パーティに呼ばれたのだという。常務は46歳にして会社のナンバー3、「仕事のことでアドバイスもあるのだろうと思って、メモ帳も持っていったけど、なんか雰囲気が違っていた」(金澤さん)。

社内にある焼肉会場で行われたのは常務のための”セクハラ”パーティだったのだ。

「真剣に仕事の話をすると思っていたら、その常務が女子新入社員をまわりにはべらせて、ずっと下ネタを喋り続けた。(略)2時間ずっと下ネタばかりで、例えばウィンナーとキノコで男性器を作って”お前食えよ”とか、”俺、ここに口つけたから飲んで”とか”一緒にここでトイレしよう?”とか」(金澤さん)
「常務に”英語できる人?”って聞かれて挙手したら、じゃあお前ら”suck my dick!”って大声で言えって。それで何人かの英語の喋れる女の子たちと”suck my dick!” “suck my dick!”と叫ばされて、常務は嬉しそうに立って腰を思い切り振っていました」(伊藤さん)

“suck my dick!”とは「しゃぶれ」という意味で、海外では絶対に許されない即アウトのセクハラワードだ。

「何人かが”suck my dick!”って叫ばされて、常務は大喜びで腰を振って、常軌を逸していた。薬物をやっているんじゃないかって疑ったくらい。一部上場企業の常務取締役がする行動ではないし、会社の社風とか歴史として女子社員を慰安婦くらいにしか思っていないことがわかってきた」(金澤さん)
「あと、パールが付いた服を着ていた女の子がいて、服にパールが4つあったんですね。常務はそれをゆっくりイーチ、ニー、サン、ヨーンって数えて5と6で絶叫して、”お前のその乳首の色は何色だ!”って」(沢木さん)

しかも、この常務は日常的にも、頻繁にセクハラ発言をしていたという。

「私は常務がトイレから出たとき、チャックが開いていたのね。”お前があげないと、これは開きっぱなしだよ”といわれて、私はなにもしなかったけど。チャック開けたまま”若い女の子はいいな、エッチし放題だもん”とか言いだして、エアー乳揉みされた」(沢木さん)

だが、こうしたセクハラは、常務の個人的な問題ではないらしい。前述の焼肉パーティは、社内メールで”絶対参加”と言われ、人事からは座席表が配られた。「座席表は常務好みの女子新入社員が、常務の周りに配置されていた」という。つまり、人事公認でセッティングされていたのだ。

さらには、創業者の南部代表にも間接的だが、セクハラ証言が語られている。

「同期2人が秘書課に配属されたんです。同期で一番美人だった女の子。その子は秘書の仕事というよりは、南部代表の世話みたいなことをさせられていた。勤務中に南部代表の横に座って楽器を教えて、スカートに手を入れられたりするって、本人が言ってました。ノーと言えない子なので、もうスカートだけじゃなくてなにをされているのか、想像つくよね」

にわかには信じがたい証言の連続だが、記事にはもっとディープな告発も掲載されている。この告発を取材し、記事にしたノンフィクションライターの中村淳彦氏はこう話す。

「昨年の末に、女性の労働相談を担当しているNPOの理事長から連絡があって、紹介されたんですが、正直、驚きました。僕もブラック企業の取材をしているので、セクハラの話はよく聞きますが、こんな有名企業で、ここまで会社ぐるみというのはあまり例がない。しかも、パソナは女性の働きやすさを前面に出している会社ですからね」

実は、パソナ・南部代表についてはグループがテンポラリーセンターという社名だった1989年、「週刊テーミス」(8 月2日号/現在は会員月刊誌)でこんな女子社員の告発を掲載したこともある。

「社内で、いきなり女の子に抱きつくんだ。『スキンシップだ』とかいって」
「やらせる子には、ボーナス時に、50~60万円余計に出す」
「オフィスのなかで、平気でスカートをめくったり、胸やオシリさわったりしますからね」

こういう体質が今も残り、「仁風林」接待、そしてASKAと栩内被告の関係につながったということなのだろうか。

「実話BUNKAタブー」で告発した3人は「栩内さんはパソナグループの別の会社の人で、事件になるまで知らなかった」というが、自分たちの体験からこんな推測をしている。

「就活から女性を吟味して、常務みたいなのが部下を慰安婦みたいに育てて、出来上がったところで、仁風林要員なんだと思う」

ちなみに、パソナグループの会長である竹中平蔵氏はこうしたセクハラ社風についてどこまで関与しているのかこの記事だけではわからない。しかし、竹中氏といえば今年1月1日放送の「朝まで生テレビ!元旦スペシャル」(テレビ朝日系)で、労働規制緩和を推進すべく、「正社員をなくしましょう」と息巻き、ネット上で大いに問題視された。

竹中氏はまず「正社員」ではなく、自らの社内に「性社員」をなくす努力をすべきではないだろうか。
(小石川シンイチ)