パソナ会長

働き方改革法案に賛成するパソナ会長

働き方改革法案に賛成するパソナ会長 昨日、NHKのクローズアップ現代で働き方改革法案が取り上げられました。賛成派として出演したのが、人材派遣会社パソナグループの会長である竹中平蔵氏です。ところが、番組では竹中氏の肩書は東洋大学教授と紹介されていました。視聴者が出演者の主張をきちんと判断できるようにするためにも、NHKは竹中氏がパソナの会長であることを紹介すべきだったと思います。 ここでは弊誌2014年7月号に掲載した、評論家の佐高信氏のインタビューを紹介します。 なぜメディアは竹中平蔵をパソナ会長と報道しないのか ―― 小泉政権以降、郵政民営化・TPP・アベノミクスなど、歴代内閣は一貫して新自由主義政策を推進してきました。大手メディアもこれに賛成しています。 佐高 新聞をはじめとする大手メディアは国民の圧倒的支持率を誇る小泉政権に迎合し、郵政民営化の旗振り役になって以降、おしなべて新自由主義的になっています。これは朝日新聞から産経新聞に到るまで共通しています。そしてメディアは新自由主義に迎合した結果、ジャーナリズムや言論を失っています。現在のメディアは毒を持たない毒蛇、牙を抜かれた狼、 […]