パナマに介入

アメリカの横暴 パナマ支配

ジョン・パーキンス著から抜粋 1972年4月に、私はパナマに出張した。パナマでは、オマール・トリホス将軍が「パナマの自治権」を主張し、『パナマ運河の返還』を求めていた。パナマ運河は、アメリカが軍事介入して造ったものだ。 1903年に、セオドア・ルーズベルト大統領は、戦艦ナッシュビルをパナマに送り込んだ。上陸した米軍はパナマを占拠し、地元で人気を得ていた市民軍の指揮官を殺害し、 「パナマは独立国である」と宣言した。(当時は、パナマはコロンビアの一部でした。アメリカは、コロンビアからパナマを軍事力で引き離したのです。) そしてパナマに傀儡政権が樹立され、アメリカとパナマは『パナマ条約』を結んだ。この条約は、完成後の運河の両岸はアメリカが行政権を持つ地帯にすると定め、アメリカの軍事介入を法的に認め、パナマの実質的な支配権をアメリカに認めた。 奇妙なことに、条約を調印したのは、アメリカのヘイ国務長官と、パナマ運河会社のフランス人技師フィリップ・ヴァリーヤであり、パナマ人は署名していない。それから半世紀以上も、パナマを独裁政治で支配するのは、アメリカ政府に強力なコネを持つ富裕な人々だった。彼らは […]