中山恭子

日本の高齢者よ、団結せよ

「日本の高齢者よ、団結せよ! そして主張しよう」 おこがましくも、こんなげきを飛ばしたくなる。最近の日本では高齢者の生き方、あり方に年下の世代が一方的に、ときには独善的に、規範を押しつけ、当事者の高齢層はただ黙ったまま、反論も発言もしない状態があまりに極端にみえるからだ。 雇用や退職から年金、医療、自動車運転まで高齢者には一般の日本国民と異なる一律の規定や圧力が課される。善意の福祉が前提だとしても […]