仁徳天皇

歴代天皇16 仁徳天皇

応神天皇につぐ16代の天皇とされる。応神の子,履中,反正,允恭天皇の父。諱(いみな)はオホサザキ(大雀,大鷦鷯),宮は難波高津宮,陵は和泉百舌鳥耳原(もずのみみはら)中陵。天皇は幼にして聡明,壮におよび仁慈,ために〈仁徳〉と諡(おくりな)されたが,悪逆無道とされた25代武烈天皇でこの応神・仁徳の王系が途絶えるのと対比される。これは中国の易姓革命の思想によって,この王系の始祖を応神・仁徳とするための措置であろうと考えられ,応神・仁徳は同一人格とみる学説もある。 大鷦鷯は、皇太子の菟道稚郎子と皇位継承の譲り合いを行い、応神天皇の崩御(430年)のあと三年間の空位をおいて即位する。即位の年を西暦433年としたい。『宋書』倭国伝では、元嘉15年(438年)に「珍」が朝貢して上表し、「使持節 都督倭 百済・新羅・任那・秦韓・慕韓六国諸軍事 安東大将軍 倭国王」と自称し、正式な叙爵を求めている。しかし、宋文帝は詔を以て「安東将軍、倭国王に叙爵」している。 438年は仁徳天皇の即位後であろう。『宋書』倭国伝は「珍」を「讃」の弟としている。「讃」と「珍」を兄弟としたのは、皇太子の菟道稚郎子と大鷦鷯皇子 […]