倉山満

第1話 なぜ今、日韓近現代史なのか?~昔も今も韓国は韓国【CGS 宮脇淳子】

『じっくり学ぼう!日韓近現代史』 第1話 なぜ今、日韓近現代史なのか? 講師:東洋史家宮脇淳子先生、聞き手:憲政史家 倉山満先生     特別番組「残念すぎる 朝鮮1300年史」 宮脇 淳子 ‎ 秋吉聡子 倉山 満 【チャンネルくらら・2月14日配信】   これを聞けば国民国家(ネイションステート) がよく分かります。 中国という国は無かった。 武田邦彦・宮脇淳子 対談 再編集音声版   日本は島国と言う世界的に見て 特殊環境の国の成り立ちである。 なので、 国民国家(ネーションステート)と言う概念は、 空気みたいに感じており、 そのありがたみを感じる事はない。 今回、 武田邦彦氏と宮脇淳子氏との過去の対談動画を、 再編集をして、 国民国家と民族の誕生を、 学んでみたいと思います。     【宮脇淳子】昔から中国の属国だった韓国が絶対に隠したい嘘の歴史    

朝鮮を守るために満洲事変は起き

第32話 朝鮮を守るために満洲事変は起きた 【CGS ☆第32話『じっくり学ぼう!日韓近現代史』 ☆朝鮮を守るために満洲事変は起きた ☆講師: 宮脇淳子先生 聞き手: 倉山満先生】 https://www.youtube.com/watch?v=ZSkX52JfjX0 ☆第32話『じっくり学ぼう!日韓近現代史』 ☆朝鮮を守るために満洲事変は起きた ☆講師: 宮脇淳子先生 聞き手: 倉山満先生

 壬午事変

 史実 宮脇淳子 ~ 日本派 vs. 清派の代理戦争? 講師: 宮脇淳子先生 聞き手: 倉山満先生 1882年、朝鮮王朝の閔氏政権とそれを支えた日本に対する兵士の反乱。大院君政権が一時復活したが、清が介入して閔氏政権を復活させた。 じんごぐんらん。朝鮮王朝(李朝)の閔妃とその閔氏政権は、開化政策を進めるたが、それによって財政出費がかさみ、兵士への俸給が滞った。それに反発した兵士が、閔氏政権とそれに協力する日本への反発を強め、1882年に反乱を起こした。この事件を壬午軍乱、あるいは壬午事件という。  反乱軍は閔氏の有力者を殺害、日本公使館を襲撃し日本人軍事教官を殺害、閔妃は王宮を脱出した。反乱軍は閔氏政権を倒し、代わって大院君政権が復活した。反乱のきっかけは下級兵士の不満から始まった暴動であったが、日本とそれに追従する閔氏政権に対する反発から、政権を倒すところまで発展した。  しかし、この反乱は一ヶ月後に清と日本が出兵して干渉し、事態をもとされてしまった。まず反乱軍を鎮圧することに成功した清は、大院君を捕らえ中国に連行し、優位に立ってその圧力により閔氏政権を復活させた。日本は乱後、閔氏政 […]

歴史問題をぶった切る

占領支配者が謀った《国魂(くにみたま)占領》の罠   業界最安級!月額1,380円~ギガ放題が利用できるカシモWiMAX なぜ、歴史教科書に「強制連行」「従軍慰安婦」「南京大虐殺」が記されていたのか!?昭和20年8月15日は、日本では終戦記念日と勝手に名付けているが、実はその日から占領軍の総力戦が始まった。その三大武器が、憲法の押し付け、もうひとつが東京裁判、3つ目が教育で日本を永遠の敗戦国にするということである!その教育の中核を担ったのが歴史教科書の問題であった。最強の専門家3人がすべてを明白にする!   吉田証言、従軍慰安婦の嘘がはっきりしたのは1992年だったのに、そのまま1996年の全中学教科書に載っていた。私は許せないと声を上げた(藤岡)   僕が日本史講師として腹が立っているのは、日本史は必修ではないということです。日本の歴史を考えるには、日本の神話を教えないとダメです。世界最古の歴史がある日本のアイデンティティを教えないと(竹内)   生徒の偏差値が高ければ、高いほど、先生の言うことを素直に信じれば、日本は、戦前、ろくでもない国だっ […]