大国の傲慢

大国の傲慢(第一次世界大戦の真実)

1914年6月28日、ボスニアの州都サライェヴォを訪れたオーストリアのフランツ・フェルデナント皇太子とその妃ゾフィーが、セルビアの青年に暗殺された事件であった。 統一国家の体を成していなかったドイツは、18世紀にビスマルク率いるプロイセン王国が中心となってオーストリアを排除するカタチでドイツの統一が進むことになる。 そんな新興国・プロイセンを警戒したのが、フランスです。19世紀末になると、プロイセンとフランスによる普仏戦争が起こります。勝利したプロイセンは1871年、国王ヴィルヘルム1世がパリでドイツ皇帝に即位したことで、ドイツ帝国が誕生しました。一方、敗戦したフランス国内では反独感情が残る状態となりました。一方、オスマン帝国(トルコ)とロシアも古くから犬猿の仲でした。それは民族問題であり、ロシアの強い支配を受けているトルコ系民族を解放し、サマンカルドを都としたトルコ人の帝国を樹立するというパン=トルコ主義に基づいたものです。 ドイツは帝国主義国家の中間入りを目指し、アジアやアフリカに植民地拡大を図ります。イギリスはインドのカルカッタ、エジプトのカイロ、南アフリカのケープタウンをそれぞ […]