天皇

歴代天皇51平城天皇

桓武天皇の第1皇子。母は太政大臣藤原良継の娘乙牟漏。延暦4 (785) 年皇太子となり,大同1 (806) 年即位,在位中無用の官吏を整理し政務の簡素化をはかった。同4年病のため弟嵯峨天皇に位を譲り上皇となった。 尚侍藤原薬子を寵愛したため,その兄仲成がこれを利用して藤原氏の繁栄をはかった。仲成兄妹は弘仁1 (810) 年上皇の重祚を企てたが (→薬子の変 ) ,露見して仲成は誅に服し,薬子は毒を […]

歴代天皇 40代天武天皇

686年10月1日(朱鳥元年9月9日))は、7世紀後半の日本の第40代天皇(在位:673年3月20日(天武天皇2年2月27日) – 686年10月1日(朱鳥元年9月9日))。   天皇との親疎で身分制度をつくる。 天皇を神格化する。 天皇自らの正当性を証明するための歴史書を編纂する。   天智天皇7年(668年) 天智天皇の皇太弟に立てられたとされる(否定する説もある)。 天 […]

歴代天皇 31代用明天皇

父は欽明天皇。 母は蘇我稲目の娘の堅塩媛。 そして皇后には蘇我稲目の娘小姉君の子泥部穴穂部皇女を迎えた。 小姉君は堅塩媛の妹である。 その小姉君の子である泥部穴穂部皇女を皇后に迎えたのであるから、蘇我氏の権勢がいかに侮りがたいものであったかを示している。 聖徳太子の父 用明は穴穂部皇女との間に厩戸・来目・殖栗・茨田の皇子をもうけ、さらに蘇我稲目の娘で皇妃の石寸名(いしきな)との間に田目皇子。 また […]

天皇の祖先は山幸彦

山幸彦と海幸彦   日本の正史「日本書紀」と並び称される「古事記」は謎に満ちている。皇祖・天照大神は卑弥呼なのか。なぜ古代天皇はありえないほど長寿なのか。古史古伝「竹内文書」を継承する第73世武内宿祢が封印された神々の秘密を明かし、「古事記」の暗号を読み解く。   古事記の暗号1(別天つ神五柱~神世七代)         古事記の暗号2イ […]

歴代天皇3・安寧天皇

安寧天皇 名はシキツヒコタマデミノミコト。綏靖天皇の皇子,母はイスズヨリヒメノミコト。大和片塩浮穴宮に都し,皇后はヌナソコナカヒメノミコト 生没:前577年~前510年  在位:前549年~前510年 父:綏靖天皇 母:五十鈴依媛命(いすずよりひめのみこと) 兄弟に関する記載は『日本書紀』『古事記』ともにない。 安寧天皇が即位したとされる時代は、大和葛城地方の中心にして大豪族・葛城氏が力を持ってお […]

歴代天皇2・綏靖天皇

綏靖天皇 記紀によれば、綏靖天皇は神武天皇が三輪の大物主神(おおものぬしのかみ)の娘、媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすず ひめのみこと)に生ませた第三子である。 神武天皇には、日向時代の妻吾平津媛(あひらつひめ)が産んだ男子が二人いて、 その内の一人、手研耳命(たぎしみみのみこと)は東征の供をして大和入りし、神武天皇崩御の後は、義母である媛蹈鞴五 十鈴媛命を娶り後継者としての地位を確保しようとする […]

皇統一覧(歴代天皇)

皇統一覧(歴代天皇一覧) 皇統とは、皇位継承が代々なされてきた系統のことである。これは、「初代の神武天皇から皇位継承されてきた系統」と言い換えることができる。いずれの天皇・皇族(后妃を除く)も、系図の上で父系を辿れば、必ず神武天皇へ辿り着く。 皇室が日本を永遠に統治する歴史的・法的な根拠であるとされた。日本神話に登場する初代の天皇・神武天皇から現在まで、天皇の王朝が断絶せずに皇室が日本を一貫して統 […]