安倍移民受入内閣

国の借金という嘘〜誰が日本にお金を貸しているのか

国の借金という嘘〜誰が日本にお金を貸しているのか   国債は、国民の借金ではありません。政府の借金です。国民にとっては資産です。なぜなら、国民が政府にお金を貸しているのが、国債だからです。   「国の借金」と戦争(前編)    日銀当座預金は、市中銀行が「自身の債権であり、政府の債務」である国債を日本銀行に売却した際に、日本銀行が発行するおカネです。 銀行預金は、市中銀行が借り手におカネを貸し出す際に「発行」されるおカネです。もちろん、借り手の債権であり、銀行の債務になります(逆じゃないですよ)。 いわゆるリフレ派の間違いは、 「おカネ(日銀当座預金)の発行を増やせば、国内の消費や投資が増え、デフレ脱却できる」 と、風が吹いたら桶屋が儲かる的な強引なロジックを構築したことです。我々は日銀当座預金を持っていないため、使えず、借りることもできません。 日銀当座預金を消費や投資に回せるのは、政府だけです。   「国の借金」と戦争(後編)     政府の国債発行は、まさに日銀当座預金を借り入れ、政府小切手の形で支出するプロセスです。 […]