尖閣問題

宮脇淳子先生 「歴史から学ぶ中国・尖閣問題」 ・ダイジェスト

現代の中国人は反日教育はされても知らない本当の話! 現代中国語の7割は日本語が起源。 日清戦争で負けた後、中国人が日本に来て日本語の教科書をそのまま持ち帰り、現代中国語をつくった。つまり中国の近代化は日本が見本だった。ほとんどの人が知らない真実を宮脇 淳子先生が詳しく教えてくれます。 関連動画 第31話 朝鮮人をいじめる中国人 【CGS 宮脇淳子】        

「歴史から学ぶ中国・尖閣問題」

尖閣問題の史実 現代の中国人は反日教育はされても知らない本当の話! 現代中国語の7割は日本語が起源。 日清戦争で負けた後、中国人が日本に来て日本語の教科書をそのまま持ち帰り、現代中国語をつくった。つまり中国の近代化は日本が見本だった。   業界最安級!月額1,380円~ギガ放題が利用できるWiMAX 尖閣諸島は、日本政府が1895年1月、無主の地であることを確認して日本の領土に編入して以来日本の領土となっている。サンフランシスコ平和条約でも沖縄の一部として扱われており国際法的にも日本の領土であることは明らかだ。日本政府は、表現は若干違うところもあるが大筋はこのような立場であり、かつ、有効に支配している。 一方、中国は、尖閣諸島は中国「固有の領土」だと主張し、また、尖閣諸島についての記述がある古文献を持ち出してその主張の正当性をアピールしようとすることもある。 しかし、このような中国側の主張にはあまり説得力がない。古文献には、かつて中国人が航海した際に目印となっていたことを示す記載はあっても、中国が実効支配していたことを裏付けるものはない。それどころか、中国の領土は明代まで原則 […]