崇峻天皇

歴代天皇 32代崇峻天皇

即位5年後の592年に臣下によって暗殺されてしまいます。日本の歴史において臣下によって暗殺された天皇は記録上、崇峻天皇のみです。このような一大事件が起こったのが崇峻天皇の時代でした。 崇峻天皇(泊瀬部天皇:はつせべのすめらみこと)は元々、蘇我と物部の勢力争いに乗じて即位した天皇です。 用明天皇(聖徳太子の父)が亡くなったあと、誰を次の天皇にするか、もめている最中に、最有力候補であり物部が推していた […]