平城天皇

歴代天皇51平城天皇

桓武天皇の第1皇子。母は太政大臣藤原良継の娘乙牟漏。延暦4 (785) 年皇太子となり,大同1 (806) 年即位,在位中無用の官吏を整理し政務の簡素化をはかった。同4年病のため弟嵯峨天皇に位を譲り上皇となった。 尚侍藤原薬子を寵愛したため,その兄仲成がこれを利用して藤原氏の繁栄をはかった。仲成兄妹は弘仁1 (810) 年上皇の重祚を企てたが (→薬子の変 ) ,露見して仲成は誅に服し,薬子は毒を仰いで死んだ。上皇も薙髪し,同 12年空海から灌頂を受けた。陵墓は奈良市佐紀町の楊梅 (やまもも) 陵。 薬子の変 藤原薬子(ふじわらのくすこ)という藤原種継の娘が主役のひとりとなって発生したのが「薬子の変(くすこのへん)です。この事件は朝廷としては、かなり恥ずかしい事件でして、あまりおおっぴらにはしたくないことのひとつです。 長岡京の造営責任者は、藤原式家の藤原種継(たねつぐ)でした。(当時、藤原家は、式家、北家、南家、京家の4つの系統に分かれていました。)ところが遷都をめぐる様々な権益争いの結果、種継は785年に工事監督中に矢を射られて暗殺されてしまいます。結局、そのことの余波から桓武天皇 […]