弓削道鏡の野望

弓削道鏡の野望

道鏡(どうきょう、文武天皇4年(700年)?-  宝亀3年4月7日(772年5月13日)) 奈良時代の僧侶。俗姓は弓削氏(弓削連)で、弓削櫛麻呂の子とする系図がある、俗姓から、弓削道鏡。 弓削氏は弓を製作する弓削部を統率した氏族。複数の系統があるが道鏡の属する系統(弓削連)は物部氏の一族とされ、物部守屋が母姓を仮冒して弓削大連と称して以降、その子孫が弓削氏を称したという。孝謙上皇が天平宝字8年(7 […]