日本と韓国と中国

【呉善花】済州島への帰郷、島に残る日本の痕跡

【呉善花】済州島への帰郷、島に残る日本の痕跡   韓国済州島出身の呉善花氏は、反日教育が常識の韓国にあって、日本に理解を示す言論を展開したため「親日派(=売国奴)」のレッテルを貼られ、いわれのない非難に晒されてきた。日本帰化後も、母親の葬儀のために帰国した際は、入管で法的根拠に拠らず足止めを受け、日本領事館が抗議をする事態にまでなった経緯がある。今年8月の国会議員入国拒否の後だけに、再び同様の事態が起こることを懸念されたため、チャンネル桜スタッフが同行し、入国審査の状況について目を光らせると共に、呉善花氏の親族の結婚式の模様や、済州島に残る神話、旧日本軍の戦跡などについてレポートしていきます。 呉 善花(オ・ソンファ、1956年 – )は、韓国生まれの評論家、日本研究者。済州島出身。 大東文化大学(英語学専攻)卒業後、東京外国語大学地域研究研究科修士課程(北米地域研究)修了。 拓殖大学国際学部教授。元韓国籍で日本に帰化。 2007年10月1日、済州島在住の母の葬儀で韓国へ入国しようとしたところ、日本での「反韓的な活動」が理由で韓国当局から入国禁止措置が取られていたため、済州 […]