日韓・日朝関係

日韓併合の真実とこれからの日韓・日朝関係

パネリスト:  黄文雄(作家・評論家)  杉本幹夫(自由主義史観研究会理事)  高山正之(ジャーナリスト)  西岡力(東京基督教大学教授)  三浦小太郎(評論家)  宮脇淳子(モンゴル史家・学術博士)  室谷克実(評論家) 司会:水島総   1910年(明治43年)に「日韓併合条約」が締結しましたが、「朝鮮併合」はロシアなどに侵略されそうな危機的状況だった朝鮮側から日本に求められ、日本は朝鮮と「国際法に則った併合条約」を欧米列強諸国の承認の下に締結し、日本がもし朝鮮を「植民地」にする気ならわざわざ「朝鮮の承認」を得る必要はなく「武力制圧」すればよく、ここまで「平和的な併合」は世界的にも類を見ない事です。 業界最安級!月額1,380円~ギガ放題が利用できるWiMAX   日本による朝鮮への諸政策の結果、朝鮮では1920年~30年代のGDP平均成長率は約4%と高まり(1920年代の世界経済は2%以下・日本は3%強)、1人当たりの国民所得は1910年代の約40ドルから倍増、耕作地は246万町から449万町まで拡大、米の反当り収穫量が0.5石から1.5石まで3倍増、人口は1 […]