河野洋平

教科書誤報事件から始まった慰安婦問題

昭和57年(1982)6月26日、文部省の高校歴史教科書検定において、日本軍の支那華北地方への「侵略」という記述が「進出」に書き換えられたという記事が全新聞に一斉に報道された。マスコミは連日、文部省を非難し続けた。 7月になると支那と韓国が強く抗議し、外交問題に発展した。しかし、実際には「侵略」が「進出」に書き換えられた教科書などはまったくなく、根拠のない誤報だと判明した。 8月9日、文部省は誤報であることを発表した。支那と韓国は偽情報を信じてしまい赤っ恥をかいたわけだ。 ところが恐るべきことに、この件で日本政府は「宮沢談話」という馬鹿げた発表を行なってしまったのである。また、首相の鈴木善幸は支那を訪問した際に、この件で謝罪してしまった。このため、支那、朝鮮どころか、香港、台湾でもこの「書き換え」は事実として定着してしまった。これらの国の学者やジャーナリストは、今でも誤報であったことを知らず(あるいは知っていても知らないふりをして)、相変わらず「書き換え」を非難している。 宮沢談話 教科書誤報事件で、鈴木善幸内閣の官房長官をやっていた宮沢喜一が8月26日に談話を発表した。 、あきれたこ […]