淳和天皇

歴代天皇53淳和天皇

淳和天皇(じゅんなてんのう、786年(延暦5年) – 840年6月11日(承和7年5月8日)、在位:823年5月29日(弘仁14年4月16日) – 833年3月22日(天長10年2月28日))は、平安時代初期の第53代天皇。西院帝ともいう。諱は大伴(おおとも)。桓武天皇の第七皇子。 母は、藤原百川の娘・旅子。平城天皇、嵯峨天皇は異母兄 嵯峨(さが)天皇の皇太弟となり、天皇の譲位を受け即位。公卿(くぎょう)らに意見を提出させ、地方官に従来より大きな職務権限をもたせ、一方で勘解由使(かげゆし)の再置、巡察使の派遣などによって地方官の監督を強化しようとした。 また清原夏野(きよはらのなつの)らの側近を登用して政治を進め、勅旨田や親王任国を置いて皇室財政を強化した。そのほか、令(りょう)の公的注釈書『令義解(りょうのぎげ)』や詩文集『経国集(けいこくしゅう)』を撰(せん)し、譲位後は主として淳和院に住んだ。遺詔により遺骨を砕いて散じたといわれる。承和(じょうわ)7年5月8日没、陵墓は京都大原野西嶺上陵(京都市西京区)。 承和の変 承和の変(じょうわのへん)は、平安時代初 […]