清寧天皇

歴代天皇22清寧天皇

白髪武広押国稚日本根子天皇(しらかのたけひろおしわかやまとねこのすめらみこと:日本書紀)、 白髪大倭根子命(しらがのおおやまとねこのみこと:古事記) 白髪皇子とも言う。 生没年: 允恭天皇33年 ~ 清寧天皇5年 41歳 在位期間  雄略天皇23年(清寧天皇元年) ~ 清寧天皇5年 父: 雄略天皇 第三子。 母: 葛城韓姫(かつらぎのからひめ:葛城円大臣の娘) 皇后: なし 皇妃: なし 皇子皇女: なし 宮: 磐余甕栗宮(いわれのみかくりのみや:奈良県櫻井市池之内) 陵墓: 河内坂門原陵(かわちのさかとのはらのみささぎ:大阪府羽曳野市西浦)   雄略天皇の妃吉備稚媛(きびのわかひめ)には、星川と磐城という二人の皇子がいた。清寧天皇には異母兄である。吉備稚媛は以前から自分の産んだ星川皇子(ほしかわのおうじ)を皇位に就けたがっていた。そして日頃から皇子に対して、「天下を取るためにはまず大蔵を制圧しなければならない。」と言い聞かせていた。雄略天皇が崩御すると、星川皇子は母の教えに従って、長兄・磐城皇子の制止も聞かず大蔵を攻めて手中に収める。そして大蔵の中の官物を勝手気ままに使い出 […]