百人斬り競争

毎日新聞の捏造【百人斬り競争】

「百人切り」朝日新聞と毎日新聞が捏造創作   昭和十二年夏、支那事変がおこり日本軍は北京や天津をつぎつぎ攻略していき、八月には じまった海での戦いも、十一月には日本軍の追撃戦となりました。そして、十二月一日、首都南京の攻略が決定され十三日、南京が陥落しました。 国内は戦勝に沸き、それに呼応するかのように、十一月末から十二月にかけ、毎日新聞にふたりの将校の華々しい記事が載りました。 記事とは、どちらが早く中国兵百人を斬るか競争が行われているというものでした。向井敏明少尉と野田毅少尉のふたりが、毎日十数人の中国兵を斬りながら南京に向かっているという捏造を展開。 そのころの新聞には、このような創作記事がよくみられました。ヨタ記事だと批判されもしましたが、戦争のさなか、戦意昂揚の記事だとして、深く受け止められることもなく、若いふたりの将校の名は有名になりました。   東京日日新聞(毎日新聞)、昭和12年(1937年)11月30日朝刊 百人斬り競争!両少尉、早くも八十人 常州にて廿九日浅海、光本、安田特派員発 常熟、無錫間の四十キロを六日間で踏破した○○部隊の快速は これと同 […]