神武天皇

歴代天皇1・神武天皇

1・神武天皇 神武天皇(じんむてんのう、庚午年1月1日   神武天皇76年3月11日は、初代天皇(在位:神武天皇元年1月1日 – 神武天皇76年3月11日)。和風諡号は、神日本磐余彦天皇(かむやまといわれびこのすめらみこと、『古事記』では神倭伊波礼毘古命)。諱は、彦火火出見(ひこほほでみ)あるいは狭野(さぬ)。 日本書紀・古事記(以下「記紀」という)に書かれている伝説上(定説)の人物で、初代の天皇です。 「はつくにしらすすめらみこと」と称されている。 高天原から天降ったニニギの曾孫で、兄五瀬命らと語らい東の美しい土地を目指して日向から宇佐・筑紫をを経由して瀬戸内海に入り大和をめざした。   河内に至り、その地の豪族の長髄彦がおり孔舎衛坂で戦いとなった。 戦いは神武一行に不利で兄の五瀬命を戦いで失い、また暴風雨に遭って海神を鎮めようとして稲氷命と御毛沼命の両兄が海中に身を投じた。 神武は日の神の啓示により日に向かって戦うことの益なきことを悟り、紀州へと迂回した。 その後熊野の荒坂津に上陸して一路大和を目指した。 途中ヤタガラスらの導きもあってようやく畿内大 […]