称徳天皇

歴代天皇46孝謙天皇 歴代天皇48称徳天皇

史上 6 人目の女帝で、天武系からの最後の天皇である。この称徳天皇以降は、江戸時代初期に即位した第 109 代明正天皇(在位:1629年 – 1643年)に至るまで、850 余年、女帝が立てられることはなかった。   孝謙天皇(こうけんてんのう)、重祚して称徳天皇(しょうとくてんのう;稱德天皇、718年(養老2年) – 770年8月28日(神護景雲4年8月4日))は、日本の第 46 代・第 48 代天皇。 孝謙天皇としての在位期間は、749年8月19日(天平勝宝元年7月2日) – 758年9月7日(天平宝字2年8月1日)。 称徳天皇としての在位期間は、764年11月6日(天平宝字8年10月9日) – 770年8月28日(神護景雲4年8月4日)。 父は聖武天皇、母は藤原氏出身で史上初めて人臣から皇后となった光明皇后(光明子)。即位前の名は「阿倍内親王」。生前に「宝字称徳孝謙皇帝」の尊号が贈られている。『続日本紀』では終始「高野天皇」と呼ばれており、ほかに「高野姫天皇」「倭根子天皇(やまとねこのすめらみこと)」とも称された。 聖武天 […]