第一次世界大戦

100年前、日本はアメリカと対等に渡り合っていた

100年前、日本はアメリカと対等に渡り合っていた 【CGS 茂木誠 超日本史 第28回】     今回は「第一次世界大戦と国際連盟体制」というテーマです。 大正時代に入り、第一次世界大戦が勃発します。その最中、アメリカ主導で設立されたのが国際連盟です。 いかに国際連盟が適当なものであったのか   グーペ   ケロッグ=ブリアン協定 西欧においてできた国際法に […]

第一次世界大戦で世界秩序が変わった

 第一次世界大戦・100年の悲劇はここから始まった     第一次世界大戦は、今も世界を覆う不幸の種子をばらまいた。毒ガスを初めて開発した天才科学者・フリッツ・ハーバー博士の悲劇。ロシア革命を成し遂げたレーニンは、恐怖政治の創始者でもあった。砂漠の英雄・アラビアのロレンスの裏切りが今に至る中東紛争のきっかけと言われる。私たちの生きている世界自体が、第一次世界大戦の産物なのである […]

大国の傲慢(第一次世界大戦の真実)

1914年6月28日、ボスニアの州都サライェヴォを訪れたオーストリアのフランツ・フェルデナント皇太子とその妃ゾフィーが、セルビアの青年に暗殺された事件であった。 統一国家の体を成していなかったドイツは、18世紀にビスマルク率いるプロイセン王国が中心となってオーストリアを排除するカタチでドイツの統一が進むことになる。 そんな新興国・プロイセンを警戒したのが、フランスです。19世紀末になると、プロイセ […]