醍醐天皇

歴代天皇60醍醐天皇

元慶9年1月18日(885年2月6日)~延長8年9月29日(930年10月23日) 在位、寛平9年7月13日(897年8月14日)~延長8年9月22日(930年10月16日) 宇多天皇の第一皇子。諱を敦仁といい、内大臣・藤原高藤の娘である女御・胤子を母として生まれ、親王宣下ののち、寛平5年(893年)立太子した。 寛平9年7月13日、父・宇多天皇から譲位される際『寛平御遺誡』を賦与され、左大臣・近衛左大将・藤原時平、右大臣・近衛右大将・菅原道真を引き続き重用することを条件に即位、父帝の側近である藤原時平と菅原道真に政務を任せ、儀式の整備や格式及び国史の編纂、地方政治の振興など一連の政治的文化的政治改革が遂行された。 その治世は34年も長く続き、摂関を置かない親政を行ったため、後世、村上天皇の治世と併せて「延喜・天暦の治」と称えられた。また、天皇は延喜14年(914年)三善清行が提出した意見書・『意見封事十二箇条』に代表されるように官人に対して国政に関する意見封事を行わしめている。 昌泰4年(899年)1月25日、宇多上皇の信頼厚い道真を時平ら藤原氏の讒言を聞き入れて太宰権帥に左遷、『政 […]