馬渕睦夫

緊縮財政が人を殺す

緊縮財政が人を殺す 江戸末期の安政年間(1854年〜1855年)に南海・東海地震、江戸直下型地震連続発生現代の日本は、地震活動期に入っている。 ・関東大震災までは、30年ごとに関東平野で地震が起こっていた 【関東大震災】1923年(大正12年)9月1日11時58分 M7.9 死者・行方不明 10万5千人 被害の中心は震源断層のある 神奈川県内と東京の火災 千葉から伊豆まで津波も発生 ・M8以上の南海トラフ地震(過去には90年〜150年周期で発生) 昭和南海地震 1946年12月21日 安政南海地震 1854年12月24日 宝永地震   1707年10月28日 適切な強靱化、堤防や道路や耐震対策をしていれば、未来の支出を抑えられる。南海トラフでいえば、被災額500兆円→38兆円の効果がある。東日本大震災以降、トヨタや新日鉄など、民間企業は適切な対策(合理的経営判断)を行なっているが、国はやらない。年間4兆円の公共投資を行うと、かなり有効な効果を見込めるのに財務省は緊縮財政一辺倒で、これらを理解している気配がない。   目先の小銭をケチること(or 小銭を稼ぐことで)で、大きな損 […]

秋の特別対談

  【秋の特別対談】髙山正之氏と語る[桜H30/10/6] ゲスト:髙山正之(コラムニスト)聞き手:水島総(日本文化チャンネル桜代表)   【秋の特別対談】馬渕睦夫氏と語る[桜H30/10/6]   ゲスト:馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使) 聞き手:水島総(日本文化チャンネル桜代表)   【秋の特別対談】小堀桂一郎氏と語る[桜H30/10/6]   ゲスト:小堀桂一郎(東京大学名誉教授) 聞き手:水島総(日本文化チャンネル桜代表)  

馬渕睦夫と国難の正体

【大道無門】馬渕睦夫と国難の正体を暴く[桜H25/5/24]   毎回、各界の著名人をお迎えして様々な話題について語り合う対談番組。 歴史から言語、政治経済、哲学まで、幅広く深い知識においては白眉の存在である渡部昇一がホストをつとめ、ゲストそれぞれの魅力や、専門分野にまつわる話題を巧みに引き出していきます。 司会:渡部昇一(上智大学名誉教授) ゲスト:馬渕睦夫(元駐ウクライナ大使) ※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。

【平成30年 新春特別対談】馬渕睦夫氏に聞く

憲法改正の発議や御譲位の準備など、まさに時代の転換点となる平成30年を迎え、これから日本を取り戻すために何をどうすべきなのか、模索し続ける心ある草莽達にとって道標となり得るような達見を、優れた洞察力で時代を先見し、有為な視点を示してきた保守の重鎮達に伺う新春特別対談です。 ゲスト:馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使) 聞き手:水島総    

小池百合子に見る虚飾社会日本・前編

」 <前編>文藝春秋7月号に掲載された「小池百合子 虚飾の履歴書」(石井妙子)には、いよいよ決定的な学歴詐称の証拠が記載されている。東京都政、豊洲移転問題、2020年東京オリンピック、東京直下型地震対策、問題が山積みの中小池氏は何をしているというのか。 また、彼女の嘘で塗り固められた人生は、戦後日本を如実に表してはいまいか?政治家とマスコミの「虚飾」を斬る!   <#13-1 前半・目次的なもの> ・女天一坊!小池百合子の正体!by堤堯 ・『文藝春秋』2018年7月号 掲載 石井妙子『小池百合子「虚飾の履歴書」』 26ページを一気に読ませる内容で実に面白い! ・小池百合子氏のカイロ大学卒業という学歴詐称疑惑 ・都民ファーストの会、希望の党という二つの政党をつくったうえ、豊洲問題をはじめとするデタラメ都政、これからどうする? ・アラビア語は難しい、3,4年で習得するのは無理 ・正統なアラビア語を勉強する人はシリアに行く ・ペルシャ語とアラビア語の違い by髙山正之 ・父・小池勇二郎氏は、エジプト政府とパイプを持つ石油の貿易商(石原慎太郎氏との因縁もあり) ・「政治家の経歴」につ […]

メディアと洗脳〜この世界の本当の支配者は誰か?〜

「ひとりがたり馬渕睦夫」#2★メディアと洗脳〜この世界の本当の支配者は誰か?〜   地上波をはじめマスメディアは、意図的に「洗脳」をしている。メディアは工作をやる機関と認識すべき。 今回は、先日行われた米朝首脳会談の話題から、メディアのプロパガンダ、フェイクニュース、戦後の東西冷戦の真実から、キューバ危機を例に、世界の真実を語ります。 ・北朝鮮を持ち上げている評論家はほぼ北朝鮮のエージェント ・『世論』ウォーター・リップマン(岩波文庫) ・『プロパガンダ』エドワード・バーネイズ(成甲書房) ・産経新聞でさえもフェイクニュースを載せる ・なぜメディアは大衆を洗脳するのか? ・100年前から、アメリカの支配者は大統領ではなくなってしまった。 ・では真の支配者は誰なのか? ・トランプが今やっているのは、アメリカの政治を大統領の政治に取り戻す、ということである(皆が誤解しているところ) ・東西冷戦は八百長だったという事実。その理由。 ・東西冷戦はソ連崩壊で終わったわけではなく、今日まで続いている ・キューバ危機(1962年)の真実 ・何故誰もキューバ危機の真実を言わないのか?東西冷戦 […]

いわんかな#12-1【米朝首脳会談後の世界・前編】

いわんかな#12-1【米朝首脳会談後の世界・前編】重村智計・堤堯・馬渕睦夫・高山正之・志方俊之・福島香織・塩見和子・日下公人★ <前半>6月12日シンガポールで行われた史上初の米朝首脳会談。まずは顔合わせとなった今回の会談ではありますが、問題はその後である。北朝鮮に騙されコケにされてきた歴代の米大統領との違いを、トランプは実現できるか。そして日本にとっての拉致問題は、解決するのか?ひとつひとつ「いわんかな」が解き明かして参ります! 業界最安級!月額1,380円~ギガ放題が利用できるWiMAX