高家望愛

1/4ページ

コロナ恐慌! 財務省の自己防衛

コロナ恐慌! 財務省の自己防衛の詭弁をぶち壊せ!     財務省は今、安倍内閣下で増えた「自由に使える血税」の「全て」を、国民のためでなく自分のために活用しているのです。   歴史を失い解体される日本国民へ     令和恐慌へ、ひた走る財務省      

安倍政権の「小さな政府」主義が我々を殺している

国難の陰には、いつも竹中平蔵がいる。 日本政府は(第二次安倍政権発足前から)全国の保健所を次々に閉鎖していきました。 さらに、病院の病床数も削減。安倍総理大臣は2019年10月28日、経済財政諮問会議において、「持続可能な地域医療体制を構築するため」とのお題目で、病院の統廃合(=削減)や「過剰な」ベッド数の削減などを進めるよう関係閣僚に指示しています。ただでさえ減っている病床数を、さらに減らせ、と […]

安倍政権は何もしない事で

安倍政権は結局スローガンだけで何もする気はない 拉致問題、憲法改正、少子化対策、デフレ脱却。。。。 結局のところ、安倍は保守層受けするスローガンを叫びつづけ。安倍さんなら、と、思わせぶりで、実のところ、何一つやろうとする気配すら感じない。デフレ脱却などは、7年間も叫び続けているわけだ。少子化対策や拉致問題で、政府が動いた形跡も見当たらない。それどころか、売国に勤しんでいるとしか思えない安倍の実態を […]

リフレ派政策の終焉

  それどころか、原田氏に至ってはしつこいほどに 「反・公共事業」のキャンペーンを続けました。 公共事業を削れば、需要が減ります。 総需要不足というデフレーションは解決することができませんが、 彼らの主張では「デフレは貨幣現象」なのです。 政府が緊縮財政を推進しようが、お金を発行すれば デフレ脱却できるという「誤解」を政治家に与え、 財務省の緊縮財政にお墨付きを与えてしまったのです。 結 […]

三橋貴明がMMTを解説

MMTの教科書が日本で出版されたよ! 三橋TV第137回 なぜ日本にとってMMTが救世主なのか?なぜ9割の国民がお金を間違ったまま認識しているのか?なぜ消費増税しなくてもいいのか? など、今話題のMMTについて三橋貴明が徹底的に解説を行っています。 今こそ、TVやニュースでは報道されない、MMTについての正しい知識を身につけませんか?   アベ・ショック後の政治動乱に備えろ!   […]

グローバリストの悪辣さ

三橋TV第130回【悪魔も怯えるグローバリストの悪辣さよ】   今まさに、世界中で「パラダイムシフト」が、経済学の分野で起きつつあります。それが、アメリカで巻き起こり、日本でも起きている「現代貨幣理論(MMT)」をめぐる大論争です。 主流派経済学者によって受け入れられている今の経済学のパラダイムでは、財政赤字は基本的には望ましくないとされています。財政赤字の一時的・例外的な拡大の必要性を […]

ボトムアップが日本を救う

ボトムアップが日本を救う       今回ご紹介する書籍の中では、 なぜ日本にとってMMTが救世主なのか?なぜ9割の国民がお金を間違ったまま認識しているのか?なぜ消費増税しなくてもいいのか? など、今話題のMMTについて三橋貴明が徹底的に解説を行っています。

MMTと日本経済MMTと日本経済の謎

MMTと日本経済MMTと日本経済の謎+三橋・高家の感想戦の謎+三橋・高家の感想戦       三橋貴明の新刊本【知識ゼロからのMMT入門】 今回ご紹介する書籍の中では、 なぜ日本にとってMMTが救世主なのか?なぜ9割の国民がお金を間違ったまま認識しているのか?なぜ消費増税しなくてもいいのか? など、今話題のMMTについて三橋貴明が徹底的に解説を行っています。 今こそ、 […]

安倍政権の緊縮財政を振り返ってみた

安倍政権の緊縮財政を振り返ってみた   三橋貴明の新刊本【知識ゼロからのMMT入門】 今回ご紹介する書籍の中では、 なぜ日本にとってMMTが救世主なのか?なぜ9割の国民がお金を間違ったまま認識しているのか?なぜ消費増税しなくてもいいのか? など、今話題のMMTについて三橋貴明が徹底的に解説を行っています。 今こそ、TVやニュースでは報道されない、MMTについての正しい知識を身につけません […]

1 4