高家 望愛

コロナ恐慌でも財務省は緊縮財政路線を堅持

アメリカの失業保険申請数が、一週間で600万を越える。   新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による経済的損害が増大する中、アメリカの失業保険給付の申請件数が、先月中旬からの3週間で合わせて1600万件を超えた。 アメリカでは現在、感染の拡大を防ぐため、ほとんどの企業が閉鎖を余儀なくされている。国民の約95%は何らかのかたちの封鎖状態に置かれている。 米労働省は9日、4月29 […]

疫病恐慌曲線

【疫病恐慌曲線 疫病と恐慌に立ち向かうたった一つの賢いやり方】 三橋TV第220回     感染症による死者数を抑えようとすると、経済的理由による死者が増える。逆に、経済的理由による死者を抑えようとすると、左上に進み、感染症による死者が増える。日本政府は、どうするべきなのか。大々的な財政拡大を宣言し、経済的被害が国民に生じないことをコミットした上で、自粛強化をすればいい。そうす […]

東京都民のための地方経済再生を!

三橋TV第152回【東京都民のための地方経済再生を!】   政府が推進する地方創生の一環。地方で働く場を増やし、雇用の創出を目指すのが狙い。制度は本年度に始まったばかりで企業数はまだ少なく、今後、拡大するのかが課題だ。 政府が10月上旬、初めて認定した企業受け入れに関する道府県の「地域再生計画」などを基に、経済産業省が集計した。』 政府の政策により、東京23区の企業が地方に本社機能を移す […]

自由と権利、民主制

三橋TV第153回【自由と権利、民主制について本当の話をしよう】     戦後の日本が、 「民主」 を万能のスローガンとしてきたということは、 「自由」 と 「民主」 の二つの原理のそれぞれの理解に、 微妙な影を落としてきた。 自由主義ないしはリベラリズムという語は、 日本では、 長期にわたって名のりづらい名称であった。 それは、 ある場合には、 復古的ではないが反共の色彩の濃 […]

G7で日本だけが大きく賃金を減らしている。

G7(先進7か国 アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・日本・カナダ・イタリア)の中で日本だけが大きく賃金を減らしている。 話題になったキッカケはNHKのクローズアップ現代が報じた賃金グラフで、このグラフ画像を投稿したツイートは1万回以上もリツイートされていました。 グラフを見てみると、他の国では15年間で賃金が1.5倍ほどに増えているのに対して、日本だけが2000年初期よりも賃金が低下しているの […]