高山正之

1/2ページ

令和時代の日本の政治

いわんかな#23-1【令和時代の日本の政治!どうなる安倍政権】阿比留瑠比・堤堯・馬渕睦夫・高山正之・日下公人・志方俊之・塩見和子           <ゲスト・プロフィール> 阿比留瑠比(あびる るい) 産経新聞 論説委員兼政治部編集委員 1966年生まれ 福岡県出身 首相官邸キャップ・外務省兼遊軍担当などを歴任 『だから安倍晋三政権は強い』(産経 […]

消費増税に関する財務省のウソを暴く

いわんかな#22-1【消費増税に関する財務省のウソを暴く】       <ゲスト・プロフィール> 髙橋洋一(たかはし よういち) 嘉悦大学教授・(株)政策工房会長・元財務官僚 1955年生まれ 東京大学理学部数学科 / 経済学部経済学科 卒業 小泉内閣・第一次安倍内閣ではブレーンとして活躍 ・『「消費増税」は嘘ばかり』高橋洋一(PHP新書 / 2019年2月発売) ※ […]

いわんかな#21  第2回米朝会談後の世界

いわんかな#21-1 第2回米朝会談後の世界・前編       <第2回米朝会談を終えて> ・北朝鮮問題専門家たちの予測が大きく外れた理由 ・北朝鮮とは事前の事務方の調整は無意味。結局会談でトップが決める。 ・ボルトン(核廃棄強硬派)が来るとは思っていなかった北朝鮮 ・北朝鮮との交渉は、途中で席を立たなければ上手くいかない(今回は追いかけてこなかったが) ・北朝鮮と交 […]

いわんかな#20-2【米中戦争2019・後編★中国共産党建国70年、もう限界〜!】

いわんかな#20-2【米中戦争2019・後編★中国共産党建国70年、もう限界〜!】   IT産業で躍進を続ける中国企業に、今アメリカは焦りを感じ、様々な手を使い中国の優位を引きずり下ろそうとしている。 また、共産党の一党支配の中国では、自由経済の限界が見えている。中間層が生まれない現状は、世界にとっても、中国内の12億いると言われる貧困層の人民にとっても、害悪以外の何物でもない。(中国内 […]

いわんかな#19全編

いわんかな#19-1【日本の防衛最前線・前編★韓国レーダー照射事件の真実       いわんかな#19-2【日本の防衛最前線・後編★自衛隊を支えるのは誰か?新防衛大綱を検証する】         日本海を守れ!2018年12月20日 能登半島沖、韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊のP1対潜哨戒機に、火器管制レーダーを照射した事件があり、 […]

言葉を削り取ると時代が見えなくなる

Front Japan 桜】沖縄県民投票~歴史を直視せよ / 言葉を削り取ると時代が見えなくなる / トランプ大統領「チベット相互訪問法」に署名 / IWC脱退 閣議決定[桜H30/12/26]     キャスター:髙山正之・上島嘉郎 ■ ニュースPick Up ・トランプ大統領「チベット相互訪問法」に署名 ・IWC脱退 閣議決定 ■ 沖縄県民投票~歴史を直視せよ ■ 言葉を削 […]

緊縮財政が人を殺す

緊縮財政が人を殺す 江戸末期の安政年間(1854年〜1855年)に南海・東海地震、江戸直下型地震連続発生現代の日本は、地震活動期に入っている。 ・関東大震災までは、30年ごとに関東平野で地震が起こっていた 【関東大震災】1923年(大正12年)9月1日11時58分 M7.9 死者・行方不明 10万5千人 被害の中心は震源断層のある 神奈川県内と東京の火災 千葉から伊豆まで津波も発生 ・M8以上の南 […]

小池百合子に見る虚飾社会日本・前編

小池百合子に見る虚飾社会日本・前編   」 <前編>文藝春秋7月号に掲載された「小池百合子 虚飾の履歴書」(石井妙子)には、いよいよ決定的な学歴詐称の証拠が記載されている。東京都政、豊洲移転問題、2020年東京オリンピック、東京直下型地震対策、問題が山積みの中小池氏は何をしているというのか。 また、彼女の嘘で塗り固められた人生は、戦後日本を如実に表してはいまいか?政治家とマスコミの「虚飾 […]