LNG

中東情勢の真実 2018

中東情勢の真実 2018 パネリスト:  加瀬英明(外交評論家)  髙山正之(コラムニスト)  浜田和幸(国際政治経済学者・前参議院議員)  藤和彦(経済産業研究所上席研究員)  馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)  宮崎正弘(作家・評論家)  吉川圭一(グローバル・イッシューズ総合研究所代表)   中東でいろいろと動きが出ているようだけど、あまり身近な地域ではないこともあり、よくわからないわ。今の中東情勢は一体、どうなっているのかな。そもそも、混乱の原因は何なのか。 藤 和彦 2018.06.22(金) 日本は原油の8割以上、LNGの3割を中東から輸入しています。この地域の混乱は、原油やLNGを安定的に輸入できるかというエネルギー安全保障にかかわってきます。カタールからはLNGに加え、半導体の生産などに使われる工業用のヘリウムガスを輸入してます。LNGは今のところ滞っていませんが、ヘリウムは断交のため輸送ルートの変更を余儀なくされ、価格が上昇している。サウジアラビアとロシアは既に増産態勢に入っているようだ。サウジアラビアの5月の原油生産量は前月比16万バレル増の日量1 […]